定年後の生活ブログ

定年後に行政書士となり、四国のことを発信しています

小規模農家のコメ栽培体験記

コメ作りを父から受け継いで、もう10年以上になります。田んぼ4枚、全部合わせて3反半のという小規模な作付けです。経営的には全くの赤字ですが、地域貢献と景観保持のために出来ることをしています。田舎の小規模なコメ作りの様子を通して、農業のありようを考えて頂ければと思っています。

クボタのコンバインで「コシヒカリ」「ヒノヒカリ」の稲刈り

今年(令和4年)8月末に1回目(コシヒカリ)の稲刈りが、無事に終了しました。 天気予報を気にしつつ、雨が降る前に収穫できました。 はじめに 中古のコンバイン 値段 事情 購入コンバインのスペック コンバインの準備 田んぼの準備(すみ刈り) 1回目の…

1回目の田植えはコシヒカリ

今年も1回目の田植えが終了したので、リライトしました。 農協から田植え用の苗を買っています コメ作りの理由 1回目の代かき 1回目の田植え 苗に殺菌剤をふりかけ 田植え機 まっすぐに田植えをしたい おわりに 農協から田植え用の苗を買っています 毎年…

田植えに向けた田んぼの準備

田んぼの作業について、リライトしました。 はじめに トラクターで除草作業 トラクター まるでベンツ? モグラとの闘い ハイテクマシンでモグラの追い払い モグラの遊び場 田植え前の土づくり 水路の水を堰き止めるための板を制作 おわりに はじめに 毎年の…

トラクターはメンテナンスが大切

我が家で使用しているトラクターについて、リライトしました。 我が家のトラクター トラクターのロータリー 爪が落っこちた メンテナンスが大切 トラクターの危険性 なぜ赤字でもコメをつくる 我が家のトラクター 我が家のトラクターは「クボタKL245」で…

懐かしのしめ縄を手作り

今年のしめ縄 しめ縄づくり 作り方 どんど焼き おわりに 今年のしめ縄 亡き父に教わった手作りのしめ縄を、今年も飾ることができました。 どうも不格好なのですが、そこは手作りの味があるということでご容赦ください。 作り方は、例年通りなので下記の記事…

クボタのコンバインでコシヒカリの稲刈り

はじめに 中古のコンバイン 値段 以前の中古コンバイン 新しく購入したコンバインのスペック コンバインの準備 田んぼの準備 刈り取り おわりに 今年も、コシヒカリの収穫を無事?に終えることができました。 はじめに 今年も、5月に田植えをしたコシヒカリ…

雨でも晴でも2回目の田植えをします

2回目はヒノヒカリを植えます 2回に分けて田植えをする理由 定年前は3種類のコメ作り 2回目の代かき 田植えを2回に分けるのは稲刈りの都合 コンバインの能力 今年の田植え おわりに 2回目はヒノヒカリを植えます 田植えは稲刈りと違って、雨が降ってい…

コシヒカリ、稲穂の花が咲いた

はじめに 田植えの後 ヘリコプターで防除 出穂(しゅっすい)と開花 今年の作柄 はじめに 今年の遅い梅雨が明けて、8月に入って1回目に田植えをした稲(こしひかり)の花が咲きました。 小さい小さい花でかわいらしいものです。あと1ヶ月ほどで稲刈りの予…

田植えの後、ピンクのジャンボタニシ卵と草枯らしの散布

ジャンボタニシの卵は、ど派手なピンク 草枯らしを雑草撃退のために田植えの後に散布した ジャンボタニシの卵は、ど派手なピンク 田植えが終わってしばらくすると、ジャンボタニシが繁殖し、苗とか田んぼの周りのコンクリートに卵を産みます。 その卵の色が…

四国で小規模なコメ作りをしている農家の様子:田植えの思い出

ツバメのこと 子供も田植えに動員されていました 田植えの時は半ドンでした ツバメのこと ツバメの巣 「代かきの 水面飛び交う 燕かな」 田植えの準備のためにトラクターで代かきをしていると、目の前を勢いよくツバメが飛び交っていました。 何匹もが、もの…