定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事柄の記録

宅建試験(3)

f:id:teinenoyaji:20200419091729j:plain


 行動あるのみ、ということで早速、近くの本屋さんへ行きました。

    たくさんのテキストがあちこちの出版社から出されており、どれを買えばよいのか、またまた悩んでしまいました。つくづく自分の優柔不断な性格が嫌になったものです。しかし、後で思い返してみると、いかに楽して簡単に合格できるかを優先しており、そのためのテキストを求めていたように思います。

    合格した今となっては、結局、しっかり学習しておかなければならず、どのテキストを使用しても同じだと考えています。

 この時、購入したのは「うかる!宅建士速攻テキスト」(日本経済新聞出版社)でした。よく、仕事をしながら合格するためには、独学で出来るか、通信教育を受けた方がいいのか、といったことをネットで見受けます。どちらにも一長一短があるのですが、私は独学でやろうと思いました。ここで言う独学とは自分でテキストを買い、それらを読み進めながら自分で理解して、合格できるまでの実力をつけることです。

 どのテキストも初学者に分かりやすいようにうまく書かれていますので、素直に読み進めていけばきちんと理解できます。

    最初は、誰かに教えてもらう方が効率的で安心なように見えますが、案外、自分で出来るものです。ただ、意味が分からないことがしばしば出て来るので、その時に気軽に聞ける人がいることは重要なことです。対面で教えてもらえる環境があればとても効率的だと思います。