定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事柄の記録

宅建試験(5)

f:id:teinenoyaji:20200314085648j:plain

オオイヌノフグリ


 7月から1問1答の問題演習をはじめました。知識が定着していないので初めはまったく分からずじまいです。テキストを3回も繰り返してまとめていったので、少しはできるかと思っていたのですが、さっぱりでした。それでも8月中に何回か繰り返してはいました。何回か繰り返しても出来ない問題は出来ないものです。出来ないとやる気も無くなり問題を解く気も失せてしまいます。1問1答を繰り返すのはしんどいですね。

 8月後半から4択の過去問を中心とした実践的な問題を解いていったのですが、問題としては、こちらの方が解きやすいと思いました。肢が4つあると比較することで正解を導きだすことができます。分からない肢があっても、他の肢の正誤から答えを探り出すことができるので、わたしは1問1答よりもやりやすいと感じました。もっと早くから4択問題に取り組んでおけば良かった。

 結局、試験が10月なので時間的な余裕もなく、問題も十分に解くこともできず、本番の試験を受けることとなりました。