定年後の生活blog

定年後の徒然なる事柄の記録

金利

f:id:teinenoyaji:20200329110157j:plain

 40年前の新聞も出てきて、東洋信託銀行が「おトクな貯蓄の決定版!」という広告を出していました。

 東洋信託銀行は現在の三菱UFJ信託銀行の母体の一つのようです。金融機関は、この40年の間に様々な合従連衡が繰り返されているので、そこにお勤めであった方々は本当に激動の時代を過ごされてきたのではないかと思います。

 ちなみに広告は「〈新型〉貸付信託(収益満期受取型)ビッグ」のもので、どういったものかはよく知らないのですが、「5年で1.4倍以上になる!」とあります。今なら、すぐに走っていきます。

 「半年複利で高利回り」だそうなので、年利6%ぐらいにはなったのでしょうか。当時、富士銀行に6%で定期預金をした記憶があります。

 今の定期預金が年利0.01%なので何でこんなに違うの?何でこんなになってしまったの?と思ってしまいました。