定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事柄の記録

百円札

f:id:teinenoyaji:20200331091025j:plain

 倉庫の中を片付けていると、財布の中から100円札が出てきました。板垣退助が描かれていて、子供のころに見たことがあります。少し調べてみると明治時代から8種類の100円札が発行されていて、板垣退助の100円札が最後のもののようです。

 ①旧百円券(大黒天)     明治18~昭和14

②改造百円券(藤原鎌足)   明治24~昭和14 

③甲号券(藤原鎌足と談山神社)明治33~昭和14

④乙号券(聖徳太子と夢殿)  昭和5~昭和21

⑤い号券(聖徳太子と夢殿)  昭和19~昭和21

⑥3号券(聖徳太子)     昭和20~昭和21

⑦A号券(聖徳太子)      昭和21~昭和31

⑧B号券(板垣退助)      昭和28~昭和49

  古いお札なので価値のあるお宝かと期待したのですが、ネットで調べると新札で600円程度でした。残念!

 明治時代は100円といえば大きな価値があったと思うのですが、現代ではチューインガム1個ぐらいでしょうか。コンビニで買い物をすれば、今でも100円の価値で使えると思いますが、せっかくなので家に置いています。