定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事を四国から発信

田植えに向けて冬場に田んぼの準備をします

 

トラクターで除草作業 

 

f:id:teinenoyaji:20200404150737j:plain

親の残してくれた田んぼで、兼業ですがコメを少しばかり作ってきました。

全部で3反半ぐらいです。1反は300坪で10アール(1,000㎡)です。

 

お米は買った方が安いのですが、田んぼでコメを栽培しないとすぐに草が生え、木が生え、再び田んぼとしてお米を栽培することができなくなります。

それに、代々、田んぼを耕してきたのを私の代で止めてしまうのもどうかなと思いやっています。

経済合理性から言えば話にならないのですが、そこは割り切ってしまえないというところです。

 

他にも田んぼはあるのですが、家から離れていたり、水の便が悪かったり、狭すぎたりなどで作っていません。

 

昔は種を蒔いて苗を育てて田植えをしていましたが、今は農協から苗を買ってきて植えています。

なので田植えまでの時期は、田んぼに草が生えているのをトラクターで混ぜこねして草を枯らしておく作業を何回かします。

 

トラクター

トラクターは15年ぐらい前に亡き父が買ったもので、300万円は軽く超えていたと思います。

トラクターがないとコメ作りはできません。

出来るだけ長く使いたいものです。

f:id:teinenoyaji:20200404151055j:plain

今日はとてもよく晴れていたので草もよく枯れます。

気持ちの良い気候の中で作業をすると何かすがすがしい気分にもなります。

f:id:teinenoyaji:20200404151836j:plain

草ぼうぼうの田んぼを耕していくと、早速、カラスなどの鳥がやってきてカエルや虫をついばんでいます。

どこから見ているのか、素早いものです。

 

 ハイテクマシンでモグラの追い払い

 

 

f:id:teinenoyaji:20200422122315j:plain

ハイテクマシンとモグラの穴

モグラ撃退の装置を買ってきました。

 

おととし、田んぼに水を入れるとモグラの穴から大量に水が流れ出てしまいました。

田んぼの水を抜くわけにもいかず、泥だらけになって、なんとか穴を塞いで水の流出を食い止めました。

 

田んぼの周りは、コンクリートで固めてあるのですが何故か1か所、モグラの穴があって、そこから水が流れ出てしまいました。

冬に掘り返してコンクリートの下まで補修をしたので、去年は大したことはありませんでした。

 

ところが今年、やっぱりモグラが大きな穴を開けています。

また水が流出しては大変なことになるので、なんとかやっつけるための装置を取り付けました。

 

この装置は、モグラの嫌いな音波振動で追い払うためのものです。

ソーラー充電の電動式というハイテクマシンで撃退するわけですが、はっきり言ってどこまで効果があるのかは分かりません。

 

モグラとの知恵比べのようなものですね。

 

田植え前の土づくり

 


f:id:teinenoyaji:20200508164818j:plain

田んぼの草が枯れました

トラクターで田んぼをかき回して2回目の除草作業をしました。

草が生えたままだと田植えをした後に雑草だらけになってしまいます。

出来るだけ草をなくしておかなければなりません。

お天気も良くて、うまい具合に草が良く枯れています。

f:id:teinenoyaji:20200508170047j:plain

背負い式の肥料散布機

田んぼに粒状の肥料をまんべんなく撒きました。

肥料を撒くための背負い式の肥料散布機があります。

これに20㎏の肥料を入れて背中に担いで散布しています。便利の良い道具です。

 

肥料は「ユーキ鉄ケイカル」という商品名です。

ケイ酸が主に含まれており、土づくりのための肥料です。

この肥料を散布しておくと、病害虫や倒伏などに強いようです。

 

倒伏というのは台風や大風で稲が倒れてしまうことで、そうなると収穫がむづかしくなってしまいます。

稲が倒れていてもコンバインで起こして収穫できます。

しかし、倒れたまま雨が降って濡れてしまうと芽が出てしまうので、これではコメの品質に問題ありです。

また、水を含んで水分含有量が多くなるので乾燥させるのが大変になります。

 

毎年、稲が倒れないように願うばかりです。

 

水路の水を堰き止めるための板を制作

 

f:id:teinenoyaji:20200516193858j:plain

水路を堰き止める板

田んぼに水路から水を引き込むために、水路の水を堰き止めるための板を作りました。

厚めのベニヤ板で作っているのですが、1年に数回しか使ってないのにすぐに傷んでしまいます。

 

土地改良により長方形のきちんとした田んぼであれば、蛇口をひねれば水が出てくるような施設もあるのですが、お金もかかるし、そう簡単に区画整理は出来ません。

広い平野であれば出来ないことはないのですが、複雑な地形で田んぼや畑が混在している場所ではとても難しいのです。それで昔からの水路を使っています。

 

水路を堰き止めて田んぼに水を入れるための板を作り替えるのも、田植え時期の準備の一つということです。

f:id:teinenoyaji:20200516194313j:plain

コードレス電動丸ノコ

甥が道具に関心が深く、いろんなモノを持っています。

今回は、新兵器のコードレス電動丸ノコを使用して作ってもらいました。

ハイコーキ(旧日立工機)社製コードレス電動丸ノコと言います。

電動ですがハイパワーで、切断スピードが速く、粘りがあり低騒音なプロ仕様の製品です。

いつもはノコギリでチビチビやっているのですが、さすがに新兵器を使うとあっという間に出来上がってしまいました。

 

農作業のために必要なものがこまごまとあるのですが、コスト削減のために自分たちで作ってしまいます。