定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事柄の記録

晴明神社で厄除桃をなでなでしたい

今週のお題「遠くへ行きたい」


f:id:teinenoyaji:20200527163913j:plain

 京都の堀川沿いにある晴明神社へ行ったことがあります。

 祭神は天文博士の安倍晴明です。陰陽師として活躍し、その功績を偲んだ一条天皇から清明神社が創立されたようです。

 テレビで安倍晴明のドラマをしていたので思い出しました。

 かつて参拝したことがあり、当日は雨模様で人影も少なく落ち着いた雰囲気でした。

f:id:teinenoyaji:20200527164020j:plain

 厄除桃という桃のオブジェが設置されており、陰陽道では古来から桃は魔除け厄除けの果物とされているそうです。自身の厄をこの厄除桃に撫で付けてくださいとあったので、手でいっぱいなでなでしておきました。

 自分の何が厄なのかよく分からなかったのですが、取りあえず厄払いが出来たということで何となくの気持ちになったものです。

 今年はコロナの影響で厄年のようなものなので、桃の季節には桃をいっぱい食べて厄払いが出来たらいいと思います。

 迷信だとは思いますが、昔から人は最後は神頼みで祈ってきています。人知を超えた自然の営みの中で人は生かされていることを忘れてはいけないと思います。それも人の営みとして大切なことなのではないでしょうか。

 今の状況が良くなって、また、京都へ行きたいものです。その時は晴明神社へ行って、厄除桃をいっぱいなでなでしたいと思っています。