定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事柄の記録

去年収穫した自然薯で、とろろご飯

f:id:teinenoyaji:20200602210349j:plain

種芋から1本だけ芽がでました

 4月の末に、自然薯の種芋を準備し、畑の畝立てまでしたのに、未だに1つしか芽が出ていません。

 時々は「早く芽が出ろ、早く芽が出ろ」とおまじないをしながら水をやっていたのですがこの有様です。もう1ヶ月以上になるのに、どうなるのでしょうか。

 ちなみに、種芋を準備した時はこんな感じです。↓↓↓ 

www.teinenoyaji.com

  家に昨年収穫した自然薯のかけらが1本あったので食べてみることにしました。

 どんな食べ方をしようかと、クックパッドのサイトを開いてみました。             あれもいい、これもいいと眺めていましたが、やっぱり自然薯はとろろご飯か、ということで決定です。(本当は一番簡単そうだったから)

f:id:teinenoyaji:20200602210653j:plain

 収穫した時のままで置いてあった土付きの自然薯を水で洗って、皮をむきます。

 半年以上も経っていたので腐っているかな?と思ったのですが、何ともありませんでした。結構、長持ちするもんです。

f:id:teinenoyaji:20200602210942j:plain

 ピーラーで皮を剝いていきますが端のところだけ皮を残します。残した皮のところを持って、おろしていきます。

 剝いたところはぬめぬめしているので、全部、皮を剝いてしまうと持ちにくくて、すりおろすのが大変になるからです。

f:id:teinenoyaji:20200602211504j:plain

 すりおろした自然薯は粘りが強くて美味しそうです。

f:id:teinenoyaji:20200602211745j:plain

  ご飯の上に、たっぷりとおろした自然薯をかけて、少しネギを散らしました。

  これに卵を割り入れて、自然薯+卵かけご飯にしていただきました。

  ねばねば自然薯と生卵をのせたとろろご飯を食べて、これは健康になったと一人で合点した気持ちです。

 また、秋には自分で栽培した自然薯で、とろろご飯をしてみたいものです。そのためにも何とか残りの種芋にも芽を出してもらい、植え付けをしたいと思っています。