定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事柄の記録

水琴窟を父が3個作っていました


f:id:teinenoyaji:20200525170424j:plain

父の作った水琴窟

 父が庭に水琴窟を作っていました。それも3か所に!

 私は何の関心もなく、作っている時は何でそんなものを…と思っていました。ただ、そこにあるということを知っているのみでした。

 片付けをしていると甕が出てきて、どうも父が水琴窟を作った時に余分に買っておいた甕らしいということでした。4個目の水琴窟を作るつもりであったのかもしれません。

f:id:teinenoyaji:20200527155029j:plain

 水琴窟というのは江戸初期の小堀遠州が始まりとされ、洞水門と呼ばれていたようです。

 亀の底に小さい穴を開けて土の中にひっくり返して埋め込みます。中は空洞にしておいて、上から水が落ちると甕の中でポトンという水滴の音が反響する仕組みです。

 江戸時代から明治時代にかけて庭園の設備として作られていましたが、次第に廃れていきました。それが1980年代ごろより再び広く知られるようになったということです。

 もともと庭に興味があった父も晩年になって水琴窟が知られるようになってくると、自分も作ってみたいと思うようになったのでしょう。

 改めて父の作った水琴窟をまじまじと見てみると、手水鉢の近くに丸い石が敷き詰められ、そこから水が落ちるようになっています。

 水が落ちると音がするような仕掛けになっているので、早速、水を落として音を聞いてみました。

 耳を澄ませないと聞こえないぐらいの音なのですが、カランというか、コロンというか、ポトンというか、何とも表現のしようのない水滴の落ちる音が乾いた音となって響いていました。

 今となってはこの水琴窟のウンチクを父に聞くことも出来ないのですが、父が作り出して聞いていた音なので何とも言えない思いがこみ上げてきます。

 いわゆる父の形見の音ということです。