定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事柄の記録

小型車両系建設機械の特別教育を受講しました

f:id:teinenoyaji:20200617145646j:plain

ユンボ

  農業高校では、希望する生徒に対して「小型車両系建設機械の運転の業務に係る特別教育」の申し込みをしており、学科と実技の講習科目を受講すると修了証が交付されます。

 

 小型車両系建設機械とは

 

 小型車両系建設機械というのは、簡単に言うと小さいユンボのことです。

 ユンボというのはショベルカーとか油圧ショベルと言って、工事現場などで動いている機械です。

 土を掘ったり盛り上げたり、これがないと工事になりません。

 小さいものから大きいものまであるのですが、今回受講するのは3トン未満の小型のものです。

 これ以上の大型のものになると、また別の講習を受けなければなりません。

 

 昔はこのような安全講習が十分でなかったため、多くの方が工事中に労働災害に遭われて亡くなっていたため、そうしたことから労働安全衛生法により講習が義務付けられていったようです。

 業務でユンボを操作する場合は、この特別講習を受けていなければなりません。

 

メーカーで違う操作の仕方

 

 ユンボの操作の仕方はコマツ、日立、三菱、クボタなどのメーカーごとに違っています。

 ユンボは前進後進だけでなく、アームの操作をしなければならないのでレバーが何本もあって複雑です。

 操作の仕方が統一されているわけではないので、メーカーが違うと操作の仕方が違い、ベテランの方でも戸惑ってしまうようです。

 近年では、統一した操作の仕方に変わってきているようです。

 警察が実施している運転免許とは違い、建設機械メーカーが法令に則して実施している特別教育を受講すると終了証がもらえる仕組みです。

 

農作業でも必要

 

 小型車両系建設機械にはユンボだけでなくブルドーザーやホイールローダーと言ったものもあります。

 農業は土と関係している産業なのでこういった機械を使用して、整地をしたり、運搬をしたり、積み込みをしたりといった作業をする場合があります。

 機械の操作も出来るに越したことはありません。

 現代の農業は機械でするものです。

 女子も一緒に参加

 

 夏休み前の土曜日と日曜日に講習が行われました。私もユンボの操作をしてみたいと思い、講習費を事前に支払って申し込みをし、生徒と一緒に参加しました。

 男子だけでなく、女子も何名か参加していました。