定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事柄の記録

小物作り:「南天九猿」と「クラフトバンドのかご」

 

『南天九猿』

 

f:id:teinenoyaji:20200630194048j:plain

 

 

「南天九猿」の意味

 

姉が何か変わったものを飾っていました。

 

聞くと「南天九猿」という縁起ものだそうです。

南天の「南」は「難」、南天の「天」は「転」、「九」は「苦」、「猿」は「去る」という語呂合わせのようです。

空海が四国をお遍路した際、南天の木を杖にしたという話があり、これ故かどうかは分かりませんが、四国が発祥ともいわれています。

結構細かい作業が必要な小物作りのようでした。

「南天九猿」の作り方

 

「カルチャー教室で『南天九猿』を作りました。

玄関先に飾ってあるのをどこかで見たことがありました。岐阜の民芸品「さるぼぼ」と大きさは違うけれど、少し似ているなと思いました。

 

『南天九猿』は、「難を転じて苦も去る」という意味があるそうです。うまい具合の語呂合わせになっています。

新型コロナ禍でいろいろなことが制限され苦しい時なので、時期的にもぴったりの作品になりました。

 

【材料】

・ちりめんや着物の布9枚(4×5cm)

・飾り紐10cmが9本、30cm2本

・ナンテンの枝 25cm1本

・フウセンカズラの種9個

 

 フウセンカズラの種は小さくて5ミリ位しかありません。種は黒地に白いハートの模様が入っています。種の模様は猿の頭を表現することができ、うまく利用しているなと感心しました。

 

 9匹の猿は、小さい布を折りたたんで、上下左右を糸で絞って作ります。猿の手になるところは縫い合わせます。

 

 細かい作業で難しそうと思いましたが、同じことの繰り返しなので最後の方になると慣れてきました。

 

 猿の胴体に短い飾り紐を巻き付け、ナンテンの木に接着剤で止めます。ナンテンの両端に長い飾り紐を巻き付けて出来上がりです。

 

 紐の色や猿の色の配置を考えるのも楽しく、頭や手先がフル回転の時間でした。」

「南天九猿」に神頼み

 

早速、出来上がった「南天九猿」を玄関に飾っていました。迷信だとは思ってはいても、心の片隅で何となく最後は神頼みをしてしまう気持ちがあります。

特に昨今の目に見えないウィルスへのから来る、得も言われぬ恐れなどについてはそうなってしまうのではないでしょうか。

 「イワシの頭も信心から」という言葉を聞いたことがありますが、信じてしまえばどんなものでもありがたく思えます。

「南天九猿」も同じような意味合いがあるかもしれません。しかし、そのようなものに対する信心の心をまったく否定してしまうことは、味気ないのではないでしょうか。

 ばかばかしいと思えることでも、余裕をもってながめることのできる生活でありたいと思います。

 

クラフトバンドのかご

 


f:id:teinenoyaji:20200615084830j:plain

クラフトバンドのかご

公民館での講座で制作

 

姉は手先が器用でおいしい料理を作っています。

謙遜して「料理そんなに上手じゃないけど、興味はあって、いろいろなものを作ってみたい」と言っていますが、大したもんだと私は思っています。

また料理だけではなく、いろんなことに挑戦して楽しんでいます。

今回も公民館での講座に参加して何か作ってきました。

年を取ってこのようなことに興味を持って活動している様子を見ていると、感心してしまいます。

こうした講座の参加者は男性よりも女性の方がはるかに多いように思います。それこそが女性が長生きする秘訣なのでしょうか。

ちなみにクラフトバンドが何か見当もつかない私でした。

ネットで見ると紙のテープとか紐のことで、これを編んでかごとか小物を作るようです。

手芸の分野では、結構、一般的なものなんですね。まったくその方面は興味がなかったものですから、勉強になりました。

「クラフトバンドのかご」の作り方 

 

「新型コロナウイルスのため延び延びになっていた、今年度初めての公民館講座がありました。今年度申し込んだのは『わくわくお針箱』です。 

伝統的な『つまみ』手芸や、人気のクラフトバンド、水引細工などを月1回教えてくれます。

教室に入ると先生が作ってくれていた小物入れが飾ってありました。初めてのクラフトバンド作りで興味がわきました。

作ったのは『クラフトバンドでイチゴのかご』です。

f:id:teinenoyaji:20200615085004j:plain

左の風車のような太いクラフトバンドに、右の細いバンドを編み込んでいきます。

絞ってきつく編むと丸みができます。あまり力を入れずに編み込むと同じような円ができます。

どのくらいの丸みを作ればよいか分かりにくく、苦労しました。後は根気強く黙々と編み込んでいきます。

久しぶりに集中して取り組んだので疲れました。

参加された方も、初めは賑やかでしたが、やがて静かになり熱心に取り組まれていました。

最後の仕上げは、クラフトバンドを✖の形にして端を留めていきます。

葉っぱや白い粒々をつけて出来上がりです。かわいいテントウ虫もいます。

クラフトバンドの手提げかばんも作ってみたいと思いますが、3日位かかるそうです。まだまだ先のお楽しみです。」

最後に 

 

紙の紐を使って、こんなに見事な入れ物かごが出来るということに驚きました。「南天九猿」も細かな作業を必要とします。

姉は手先が器用で、こうしたこまごまとする作業を苦もなくやってしまいます。

認知症の予防にも効果があるからと言って、私にも勧めてくれますが、どうもこうしたこまごました工作は小学生の頃から苦手です。