定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事を四国から発信

自然薯を栽培して「ムカゴご飯」にしました

今週のお題「ごはんのお供」

 

自然薯の成長の様子

《6月10日》自然薯を植え付けました。その時の様子はこちらをご覧ください。↓↓ 

 

www.teinenoyaji.com

 

《6月24日》植付けをしてから2週間もすると、もう蔓がかなり伸びています。

f:id:teinenoyaji:20200916223313j:plain

 

 

《7月8日》かなり成長して葉っぱがたくさんになりました。

f:id:teinenoyaji:20200916223507j:plain

 

 

《7月25日》ムカゴの赤ちゃんが出来てきました。小さなムカゴの種がいくつも出来ています。

f:id:teinenoyaji:20200916223721j:plain

 

 

《9月11日》8月中に草を取り除こうと思ったのですが、暑すぎてやる気が出ませんでした。何もせずにほったらかしです。おかげで草ぼうぼうになりました。

f:id:teinenoyaji:20200916224225j:plain

 

 

《9月11日》大きかったり小さかったりのムカゴが出来ていたので収穫をしました。手で触るとすぐにポロポロと落ちてしまいます。

少し涼しくなってきたので草取りもしました。

f:id:teinenoyaji:20200916224503j:plain

f:id:teinenoyaji:20200917072028j:plain

 

 

 

ムカゴご飯

今までムカゴを食べたことがなかったので、初めてムカゴご飯を炊いてみました。

【ムカゴご飯のレシピ】

お米・・・2合

ムカゴ・・・1カップ(約120g)

塩・・・小さじ1杯と少々

f:id:teinenoyaji:20200917072342j:plain

お米2合分のムカゴ120g

 

 

【下ごしらえ】

洗ったムカゴをすり鉢に入れて、手のひらを押し付けるように転がして、薄皮を剝きます。

薄く皮が剝ければいいだけです。そんなに激しくする必要はありません。鉄網のかごでやってもいいと思います。

水で洗うと茶色くなり、少し薄い皮も出てきます。

よく水で洗って準備完了です。

 

 

【炊飯器】

f:id:teinenoyaji:20200917072819j:plain

 

お米を研いで普通に水を入れます。そこに塩を加えてかき混ぜて、しっかり溶かします。洗ったムカゴを入れて普通に炊くと出来上がりです。

 

【炊きあがり】

ムカゴが柔らかくなっていて、お米の白さの中で引き立っています。

f:id:teinenoyaji:20200917073208j:plain

 

食感はお豆を食べているようで、適度な塩味が利いて、とても美味しい出来上がりでした。意外とお米に合っていて、また、秋が来たという季節感を感じさせてくれる料理だと思いました。

 

最後に

春に自然薯を植え付けて、ほぼほったらかしで草も生え放題ですし世話もしていませんが、ちゃんと育っているもんだと感じています。

おかげでムカゴも収穫することができて、美味しいムカゴご飯を食べることが出来ました。

今年は台風対策として、鉄の棒を使って支柱をしっかりと固定してみました。自然薯は11月ごろ?に掘り返して収穫となるので、それまで大きな被害がないことを願っています。

今は自然薯は土の中で成長しており、どうなっているのか確認できないのですが、順調に成長していって欲しいものです。