定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事を四国から発信

77番札所「道隆寺」は眼なおし薬師様です

 

はじめに

77番札所の道隆寺は香川県の多度津にあり、眼なおしの薬師様としても全国的に有名なお寺です。

平地にあるお寺で、山岳のお寺とは違った雰囲気があります。

 

境内

仁王門

四国有数の大きさを誇る仁王門です。立派な阿吽の仁王さんも鎮座していました。

f:id:teinenoyaji:20200929212959j:plain

 

 

本堂

仁王門からまっすぐに参道を進むと、薬師如来を本尊とする本堂があります。

f:id:teinenoyaji:20200929213158j:plain

 

 

日本百観音

仁王門を入ると、境内参道には観音霊場として有名な西国・坂東・秩父を始めとした観音様が安置されています。

日本百観音とは西国三十三か所、坂東三十三か所、秩父三十四か所をまとめた百の観音巡礼のことです。結願寺は秩父三十四か所の三十四番永潜寺となっています。

四国からは遠いので道隆寺でもお参りが出来るようにと観音様を安置したもののようですが、255体の観音さまが安置されています。

多くの観音様によって道中の安全を見守ってくださっています。

f:id:teinenoyaji:20200929213437j:plain

 

 

大師堂

1630年に建立されており、本堂に向って右側にあります。

f:id:teinenoyaji:20200929213640j:plain

 

大師堂の前には弘法大師立像と、その前でひざまづき両手をさしのべている衛門三郎の像がありました。

f:id:teinenoyaji:20200929225201j:plain

 衛門三郎については、こちらをご覧ください。↓↓↓

 

www.teinenoyaji.com

 

 

寿老人

江戸時代に、足の不自由な人は71番札所の弥谷寺から77番札所の道隆寺までを巡礼すれば四国巡礼に準ずるとされました。

7つの寺には「七福神なで仏」がお祀りされていて、7カ寺を巡礼することで7つの福が授かることが出来ます。

道隆寺には「寿老人」が祀られていました。

f:id:teinenoyaji:20200929225413j:plain

 

開祖の道隆公と朝祐の御廟

f:id:teinenoyaji:20200929225552j:plain

 

縁起

712年、この地に住んでいた和気道隆(わけのみちたか)が誤って乳母を射殺してしまいました。嘆き悲しんだ道隆は、桑の木で薬師如来を彫り供養しました。

 

807年、唐から帰朝した空海に子供の朝祐(ちょうゆう)が薬師如来を刻んでもらい、その中に父の薬師如来を納め、ご本尊としました。

このことから本尊の薬師如来様は二体薬師とも言われています。

50年ごとに御開帳される秘仏であり、次回は2033年だそうです。

 

空海より受戒を受けた朝祐は2代目の住職となって伽藍を建立し、父の名にちなんで寺の名を「道隆寺」としました。

空海の実弟の法光大師が3代目の住職、4代目の住職は智証大師(円珍)という高僧が後を継いで栄えました。

 

度重なる兵火に興亡を繰り返しますが、江戸時代には多くの末寺を擁して栄えていたとされます。

 

眼なおし薬師の由来

本堂の横にある潜徳院殿堂は、多度津藩初代藩主の京極高通の3男、左馬造公の御廟です。

f:id:teinenoyaji:20200929225808j:plain

 

幼少より眼が不自由でしたが、道隆寺の薬師如来に祈願したところ全快したとされます。

眼が治ったことで医学の道に進み、眼科治療の達人と言われるようになりました。

死に際して「我が魂魄を道隆寺に留め世人を救わん」と誓願してこの堂に祀られました。

今でも全国から眼病平癒を願う多くの人々が祈願に来られています。

  

おわりに

眼にご利益がある薬師如来様ということで、眼についての御利益を祈願しました。また「寿老人」や観音様にも様々なお願いをしてきました。お願いするばかりの参拝でした。