定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事を四国から発信

讃岐高松藩松平家の菩提寺「法然寺」

 

はじめに

徳川家康の松平家は浄土宗を信仰していました。

讃岐高松藩の初代藩主は水戸光圀(水戸黄門)の兄の松平賴重です。

当時、荒れ果てていた生福寺(まんのう町)を城下の南に復興し、菩提寺としました。

生福寺は讃岐に配流された浄土宗の祖である法然が滞在していたとされるお寺です。 

現在、生福寺は西念寺となっています。詳しくはこちらをご覧ください。↓↓

 

法然寺の境内

高松藩の菩提寺である法然寺は広大な敷地に、立派な堂宇の伽藍を有しています。

f:id:teinenoyaji:20201015175605j:plain

二河白道

十王堂から黒門までの150mあまりの道を言います。彼岸(西方浄土)へと向かう二河白道を模した参道です。

f:id:teinenoyaji:20201015175852j:plain

 

見返り地蔵堂

参道を振り返って見る、見返り地蔵堂に地蔵尊が祀られています。

f:id:teinenoyaji:20201015180056j:plain

 

十王堂

十王堂は閻魔大王をはじめとする十王と三途の川で衣服をはぎ取る奪衣婆(だつえば)が祀られています。

f:id:teinenoyaji:20201015180235j:plain

 

 黒門

全体に黒く塗られていたので「黒門」と言われており、ここから中が極楽浄土とされます。門をくぐると「広庭」が広がっていて、仁王門から山上への道、三仏堂への道、本堂への道となります。

f:id:teinenoyaji:20201015180532j:plain

 

仁王門から山上へ

仁王門と朱色が鮮やかな仁王像

f:id:teinenoyaji:20201015180735j:plain

 

参道

仁王門を入ると多くの寄進された灯籠が整然と参道の両側に並べられています。

f:id:teinenoyaji:20201015180924j:plain

 

五重塔

参道の右手には五重塔がそびえ立っています。

2011(平成23)年、法然上人没後800年を記念して、高さ800寸(24,24m)の塔が建立されました。

f:id:teinenoyaji:20201015181126j:plain

 

文殊楼

右手に五重塔を望みながら参道を進み、階段を上ると二尊堂の跡地があります。残念ながら2014(平成26)年に焼失してしまっています。

さらに階段を上ると文殊楼があります。上階に梵鐘を吊るし、文殊菩薩を祀ってあります。

f:id:teinenoyaji:20201015192151j:plain

 

文殊楼からの景色 

f:id:teinenoyaji:20201015195936j:plain

 

来迎堂

阿弥陀如来と二十五菩薩像が祀られています。来迎の様子を彫像によって表現しているのはとても珍しいようです。

f:id:teinenoyaji:20201015192347j:plain

 

般若台

高松藩松平家の墓所です。墓塔は222基あり、これだけの規模のものは全国的にも数少ないようです。

f:id:teinenoyaji:20201015192549j:plain

 

本堂と三仏堂

拝観料を払うとパンフレットと法然寺特製の和三盆のお菓子をいただきました。

f:id:teinenoyaji:20201015200514j:plain

 

書院

書院の入り口・入り口の横に立派な松の木がありました。書院から入って、本堂・三仏堂の仏様を拝観することが出来ます。

f:id:teinenoyaji:20201015200733j:plain
f:id:teinenoyaji:20201015200753j:plain

 

 

本堂

かつて生福寺にあった法然上人の自作とされる阿弥陀如来像を本尊としています。「法然上人一刀三礼の秘仏」とも言われ、上人が一刀彫るたびに三度礼拝しながら作り上げたといわれています。

f:id:teinenoyaji:20201015200947j:plain

 

 

三仏堂

真ん中に阿弥陀如来像・左に釈迦如来像・右に弥勒菩薩像が安置されています。

その前に横たわっているお釈迦さまを中心に群像が配置されています。

讃岐の寝釈迦と称され、松平賴重の正室の菩提を弔うために作られました。

f:id:teinenoyaji:20201015201217j:plain

 

周囲にはお釈迦様の入滅を嘆き悲しむ十大弟子や動物の彫像が配置され、空を舞うのはお釈迦ざまの母である摩耶夫人です。

f:id:teinenoyaji:20201015201546j:plain
f:id:teinenoyaji:20201015201605j:plain

 

 

手打ちうどん「竜雲」

仁王門を出たところに手打ちうどん屋さんがあります。広い境内を一巡した後に食べるおうどんは、また格別です。

f:id:teinenoyaji:20201015201816j:plain

 

 

おわりに

広大な寺域と豪壮な伽藍を有する境内は、江戸時代における高松藩松平家の繁栄を今に伝えるものです。

初代藩主松平賴重が念願した五重塔もそびえ立ち、ますます充実したものとなっています。

浄土宗のお寺としては知恩院が有名ですが、この法然寺も見どころ満載のお寺です。