定年後の生活ブログ

定年後に行政書士となり、四国のことを発信しています

シュールな四谷シモン人形館 淡翁荘

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

はじめに

四谷シモン人形館は1936(昭和11)年に淡翁・鎌田勝太郎が迎賓館として建築した鉄筋コンクリート造りの2階建て洋館にあります。

香川県坂出市にある創立220年を超える鎌田醤油株式会社の敷地内に建てられたものです。

f:id:teinenoyaji:20201202082022j:plain

 

JR坂出駅から歩いて5分ぐらいの所にあります。

1階は和室中心、2階は洋室中心に作られていて淡翁荘と呼ばれています。

建物が老朽化したために改修され、2014(平成26)年には登録有形文化財となりました。

鎌田醤油の社長さんが四谷シモンの人形に関心があり、2004(平成16)年より、主要作品がここで数多く常設展示されるようになっています。

 

人形館の内部

昭和の雰囲気を色濃く残している館内には、アンティークな家具と共に人形が置かれています。

f:id:teinenoyaji:20201202082316j:plain

 

ルネ・マグリットの男

玄関を入ってすぐ、山高帽に黒いフロックコ-トの大男の人形が目に飛び込んできました。

大阪万国博覧会の繊維館に展示された15体の内の1体で、1970年に制作されたものです。

独特の雰囲気に圧倒されました。

f:id:teinenoyaji:20201202082521j:plain

 

1階

機械仕掛けの少年

レトロな雰囲気の応接室?の片隅に置かれています。

f:id:teinenoyaji:20201202110325j:plain

 

「男」 

下駄に履き替え、小部屋の戸を開けるといました。

f:id:teinenoyaji:20201202110535j:plain

 

「機械仕掛けの人形1」 

廊下のふすまを開けると・・・

f:id:teinenoyaji:20201202110727j:plain

 

「キリエ・エレイソン3」 

重厚な金庫の中にまで!

f:id:teinenoyaji:20201202110911j:plain

 

1階から2階への階段

「天使―澁澤龍彦に捧ぐ」「未来と過去のアダム」

途中に天使が置かれてあります。

f:id:teinenoyaji:20201202111058j:plain

 

2階

「少年」と「少女」

f:id:teinenoyaji:20201202112039j:plain

 

「目前の愛2」とおばあさんの写真

f:id:teinenoyaji:20201202112323j:plain

 

「未来と過去のイブ」

f:id:teinenoyaji:20201202112508j:plain

 

振り返ると少女?の人形があおむけになっていました。

f:id:teinenoyaji:20201202112636j:plain

 

森谷延雄作「洋風書見木具」

大正時代に作られたモダンなデスクです。

f:id:teinenoyaji:20201202112912j:plain

 

「木枠で出来た少女3」 

廊下の戸を開けると出てきました。びっくりしてぶれてしまいました。

f:id:teinenoyaji:20201202113051j:plain

 

よく手入れされた素敵なお庭があります。紅葉も色づいていました。

f:id:teinenoyaji:20201202113358j:plain

 

 

四谷シモンとは

本名は小林兼光で、1944年生まれの人形作家で俳優です。

東京の四谷に住んでいて、アメリカのジャズ歌手ニーナ・シモンが好きだったので、芸名を四谷シモンとしたようです。

子供の頃から人形作家を志していて、ドイツのハンス・ベルメールの球体関節人形に大きな影響を受けました。

 

おわりに

シュールな人形ばかりでドキドキしながら見入ってしまいました。

置いてある場所も金庫とか、小部屋とか、押し入れとか、開けてびっくり!

ドキッとする仕掛けがふんだんに施されています。

昭和初期に建てられた歴史のある豪邸の雰囲気とマッチして、特異な空間を創り上げていました。