定年後の生活ブログ

定年後に行政書士となり、四国のことを発信しています

東京ラブストーリーのロケ地、愛媛県松山市の梅津寺駅

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

はじめに

リカはカンチの故郷である愛媛で一緒に過ごします。大洲と久万高原と梅津寺駅の3カ所でそのシーンが撮影されたのですが、それぞれ50km以上離れていて、とても遠い場所にあります。

今回、2人の別れのシーンが撮影された松山市にある伊予鉄の梅津寺駅に行ってきました。

 

東京ラブストーリー

愛媛の田舎から上京したカンチこと織田裕二と、帰国子女のリカこと鈴木保奈美の出会いと別れの切ない恋物語でした。

1991(平成3)年に放送されましたが、当時はバブルが崩壊し始めて景気後退局面に入っている時期でした。

今、ドラマを見返すと、だぶだぶのスーツとか肩パット入りのジャケットとか、時代を感じるファッションです。

ほとんど東京が舞台なのですが、最終回はカンチの故郷愛媛でのシーンになります。

リカがロサンジェルスへの転勤することになって、日本を離れる前にカンチの故郷を訪れます。

黙っていなくなったので、会社の人が心配し、カンチが思い当って愛媛まで追いかけてきました。

カンチはリカを探し出して一緒に故郷を巡ります。

これが久万高原と大洲でのシーンになりました。

故郷を一緒にめぐった後に、梅津寺駅での最後の別れとなります。

駅のホームのすぐ向こうが海岸になっている別れの場面にはもってこいのロケーションです。

f:id:teinenoyaji:20210107091654j:plain

 

堤防のシーン

リカとカンチの別れの会話が梅津寺駅のすぐ隣にある堤防で撮影されました。

(リカ)

「カンチさあ、ロスに行かせようと説得するためにここに来たの?」

(カンチ)

「それもあるけど・・・それだけじゃない」

(リカ)

「行くよ、あたし。あたし、ロスに行く、決めた。顔に書いてあるよ、もう君じゃないんだって。うん、行くよロス。カンチを好きだったこと、胸の奥にしまって。」

(カンチ)

「リカ、もっと楽に生きろよ。」

(リカ)

「カンチもね。」

(リカ)

「駅で待ってる。さっき時刻表見たら、4時48分の電車あったからさっ、あと一時間。」

「それまでに気が変わったら来て。それでもダメだったら、私そのままいなくなるから・・・。」
「最後のお願い・・・。」
(リカ)

「じゃ。4時48分。逢いたいからさよならは言わないよ。」

f:id:teinenoyaji:20210107092125j:plain

 

カンチが堤防の上にいて、リカが下にいる場面ですが、今は堤防がかさ上げされていてかなり高くなっているので堤防に上がって歩くのは危険です。

映像の背景には梅津寺パークのジェットコースターとか観覧車が映って見えます。当時は営業していたのですが、今は入り口の建物だけで他の施設は無くなってしまっています。

30年経つと変わるのもです。

 

伊予鉄梅津寺駅のシーン

f:id:teinenoyaji:20210107092722j:plain

 

1時間の間、逡巡したカンチが駅に向かうシーン・・・すでにリカは駅にいませんでした。わざと一本早い電車に乗ってしまっていたのです。

f:id:teinenoyaji:20210107094036j:plain

 

カンチはリカを駅のホームで探します。

カンチ

「あの、白いコート着た女の子 見ませんでしたか?」

駅員さん

「ああ、おりましたよ。ほら、あそこに立っておりました。」

カンチ

「どこいったんですか?」

駅員さん

「この前の4時33分の電車に乗りました。」

f:id:teinenoyaji:20210107093748j:plain

 

カンチは駅のホームで「バイバイ カンチ」と書かれたハンカチを見つけます。

カンチがリカに貸したハンカチに別れのメッセージを書いて駅のホームに残しておいたものでした。

駅のホームに記念のプレートが置かれてありました。

f:id:teinenoyaji:20210107094400j:plain

 

今でも電車のダイヤは変わらず、30年前の時間と同じに運行されていました。

ちなみにリカの乗車した4時48分発の電車は、松山とは反対方向の終点高浜駅に向かうものです。

東京に帰るのであれば、松山方面行なのですが・・・

f:id:teinenoyaji:20210107095030j:plain

 

おわりに

駅のホームの向こうはすぐ海岸になっていて、穏やかなできれいな瀬戸の海を見渡すことができる絶景ポイントです。

別れのシーンを演出するのにふさわしい素敵な駅でした。

今でもロケ地をめぐる人が絶えないのは、ドラマの素晴らしさもありますが、梅津寺駅のロケーションも素晴らしいからだと思いました。

 

追記「みきゃんパーク梅津寺」

愛媛みかんをPRする施設が梅津寺駅の前にできています。

愛媛みかんや関連するお土産商品などが販売されていました。

2階のベランダからは、駅やその向こうの瀬戸内海が一望できます。

f:id:teinenoyaji:20210107101946j:plain

f:id:teinenoyaji:20210107102005j:plain