定年後の生活ブログ

定年後に行政書士となり、四国のことを発信しています

アジサイの粟井神社

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

はじめに

毎年、アジサイ祭りが盛大に行われているアジサイで有名な神社です。

小高い藤目山の麓に位置しており、立派で堂々とした社殿を有する歴史ある神社です。地元の人々によって3000本のアジサイが植えられ、手入れがされています。

梅雨の時期には、それはもう見事な花を見せてくれます。地元のアジサイ愛を感じることのできる神社でもありました。

f:id:teinenoyaji:20210606082553j:plain

 

 

境内

f:id:teinenoyaji:20210602194349j:plain

案内図

f:id:teinenoyaji:20210623220733j:plain

 

花手水 

コロナの影響で手水舎はあじさいのお花が飾られていました。龍の吐口の前はハート形です。

f:id:teinenoyaji:20210623220711j:plain

 

社殿

f:id:teinenoyaji:20210602194409j:plain

 

白アジサイと本殿

f:id:teinenoyaji:20210602195150j:plain

 

神楽殿 

f:id:teinenoyaji:20210602194433j:plain

f:id:teinenoyaji:20210623221226j:plain

 

粟井神社とは

古代に讃岐忌部氏が氏神を祭ったのが始まりといわれています。かつては、現在地より南へ約600mの所にあったようです。

807年に焼失したので、1004年に杉尾神社のあった現在の地に遷座したとされています。そのためか杉尾神社は粟井神社の社殿より一段高い所にお祀りされていました。

f:id:teinenoyaji:20210602205745j:plain

杉尾神社

室町時代、粟井神社の背後にある藤目山の山頂には藤目城が築かれていました。1578年に長宗我部元親の手で落城するのですが、この兵火で粟井神社も焼失したため、建物・記録・宝物をすべて失ってしまいました。

1620年、讃岐の領主である生駒正俊によって再建されています。

2001(平成13)年、現在の社殿が築かれました。

 

山頂の藤目城跡へ 

f:id:teinenoyaji:20210602210328j:plain

 

藤目城

粟井神社の境内から藤目山(136m)の山頂へ上がって行くと、室町時代に斎藤氏が居城としていた藤目城跡があります。

戦国時代に、長宗我部元親と通じていた斎藤氏は、讃岐の諸豪族と対立したことから城を追われますが、1578年、元親が藤目城を攻撃します。守将の新目弾正との間で、まれに見る激戦となりましたが、城は陥落し、再び斎藤氏が入城しています。

現在、平坦な山頂にはひっそりと木々の中にミニ八十八ヶ所巡りの石碑が建てられており、まさに「夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」(芭蕉)といった風情です。

 

ミニ八十八ヶ所霊場

f:id:teinenoyaji:20210602210538j:plain

 

剣山神社

 祠で黒い猫がくつろいでいました。

f:id:teinenoyaji:20210602211547j:plain

 

おわりに

アジサイ神社で知られている粟井神社の社殿は、大きくて立派なものでした。

周辺にはこれでもかというぐらいのたくさんのアジサイが植えられています。

お参りした時期が、少し早かったのですが、それでも見事なアジサイの花を堪能することができました。

アジサイが咲いている階段の間を、息を切らして上った山頂の藤目城跡も、戦国の歴史ロマンを感じさせてくれる場所でした。

地元の人々の神社や城跡を思う気持ちが、見事なアジサイに表れているようです。

f:id:teinenoyaji:20210602212355j:plain