定年後の生活ブログ

定年後に行政書士となり、四国のことを発信しています

大洲レトロタウン「ポコペン横丁」と「おおず赤煉瓦館」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

はじめに

大洲レトロタウン「ポコペン横丁」は、どこか昔懐かしい響きの「ぽこぺん、ぽこぺん、だぁれが突っついた~」といって遊んだ、子供の頃を思い出させてくれる場所です。

昭和の懐かしさが漂う横丁が再現されていて、何かノスタルジーを感じさせてくれます。

昭和レトロを感じるモノが、あふれるほど展示されている館もありました。

「おおず赤煉瓦館」は「ポコペン横丁」の隣にあって、明治時代に建築された立派な建物です。大洲の歴史を感じさせてくれます。

ポコペン横丁

まぼろし商店街1丁目

入り口ゲートを入ると、塀にはホーロー看板や昭和をイメージしたお店が軒を連ねていて、すでに昭和の雰囲気が醸し出されています。

「ポコペン横丁」のゲート

すでにレトロ感が漂っています。

f:id:teinenoyaji:20211218143803j:plain

木塀にはホーロー看板

見たことのある会社の名前が結構あります。

f:id:teinenoyaji:20211218143820j:plain

保湖辺神社

広場の真ん中には、商売繁盛・家内安全の神社が鎮座しています。

f:id:teinenoyaji:20211218144608j:plain

昭和イメージのお店

f:id:teinenoyaji:20211218144302j:plain

まぼろし商店街2丁目

「思ひ出倉庫」

「ポコペン横丁」の奥には、元倉庫であった漆喰の蔵があります。

この中が、昭和の街角や家を再現した「思ひ出倉庫」になっていて、「まぼろし商店街2丁目」と呼ばれています。

商店街の中には、おくすり臥龍堂、交番、床屋、雑貨屋などが並んでいます。

奥には昭和30年代のお茶の間があり、実際に上がって見学することも出来ます。

受付前

着物を着たペコちゃんが出迎えてくれます。なぜか、おもちゃの刀をさしていました。

f:id:teinenoyaji:20211218151802j:plain

レトロな車

f:id:teinenoyaji:20211218154121j:plain

まぼろし二丁目駐在所

f:id:teinenoyaji:20211218152255j:plain

タバコ屋

f:id:teinenoyaji:20211218152310j:plain

床屋

f:id:teinenoyaji:20211218152324j:plain

駄菓子屋

f:id:teinenoyaji:20211218152340j:plain

コカ・コーラのコーナー

f:id:teinenoyaji:20211218152712j:plain

書架に置かれている『少女の友』と『新女苑』は、実業之日本社が昭和10年代に発行していて、若い女性に大人気だったようです。

ちなみに実業之日本社は「週刊漫画サンデー」を出版していて、ゲゲゲの鬼太郎とか笑うセールスマンなどが連載されていました。

f:id:teinenoyaji:20211218152729j:plain

昭和の家庭

お茶の間

お約束の丸いちゃぶ台や懐かしの白黒テレビが鎮座しています。

f:id:teinenoyaji:20211218153316j:plain

台所

f:id:teinenoyaji:20211218153332j:plain

おおず赤煉瓦館

おおず赤煉瓦館は、明治時代に銀行として使用された建築物です。煉瓦建築ですが、屋根には和瓦が葺いてあり和洋折衷となっています。

大洲の経済的繁栄を物語る遺構として丁寧に保存されています。

f:id:teinenoyaji:20211218153531j:plain

煉瓦館の中には、おしゃれなカフェや資料館があります。

f:id:teinenoyaji:20211218154252j:plain

おわりに

あれもあった、これも使ったことがある、どれも今はないけれど、確かに見たことがあるし、使ったことがあるものばかりでした。

平成生まれの若者には、新鮮に感じる場所ではないかと思いますが、昭和に生まれ、育ったおじさんたちには、時間を忘れて思い出に浸ることができる場所です。

ケロヨン

f:id:teinenoyaji:20211218154319j:plain