定年後の生活ブログ

定年後に行政書士となり、四国のことを発信しています

法皇湖は富郷ダムによる人造湖

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

はじめに

静かな山間地域に人々の暮らしを支える立派な富郷ダムが建設されています。伊予三島の南側にそびえる法皇山脈を越えた所に東西に流れる吉野川の支流である銅山川があり、下流より新宮ダム・柳瀬ダム・富郷ダムという3つのダムが建設されましたが、一番、上流に位置しているダムです。

法皇湖は富郷ダムが建設されたことによって出来たダム湖で、法皇山脈にちなんで命名されています。

f:id:teinenoyaji:20210609195643j:plain

 

ダム建設に伴い金砂湖~ 富郷ダム~新居浜市別子山までは片側1車線の道路整備が行われていて、信号機もなく適度にくねくねとした道なので、多くのバイク愛好家がツーリングを楽しんでいました。

 

てらの湖畔広場

法皇湖の湖畔に「てらの湖畔広場」が整備されています。

f:id:teinenoyaji:20210609195452j:plain

 

「てらの水のやかた」

1階の資料館には富郷ダムの歴史についての展示室や、レンタサイクルのサービスステーションがあります。

f:id:teinenoyaji:20210609193924j:plain

 

「湖畔のやかた」

2階は展望レストランとなっていて、ここで名物のダムカレー定食をいただきました。

銅山川に生息しているあめごのから揚げは、柔らかくてしっとりと揚げられていて、頭からしっぽまで全部食べることができます。

富郷ダムの堰堤をイメージしたご飯は、地元の富郷産米を使用しています。

レストランから水を満々とたたえている法皇湖をイメージしたカレーのルーは、お皿からあふれんばかりの量でした。

季節ごとの地元富郷産の旬の食材が、付け合わせで添えられています。今回は、わらびのサラダでした。

この地域の食文化を一手に詰め合わせている定食を、法皇湖を目の前にして美味しくいただきました。

f:id:teinenoyaji:20210609193941j:plain

 

細川家古民家

ダム建設により62戸が水没しています。1882(明治15)年に建築された細川家住宅が保存民家に選ばれて、この地に移築されました。2016(平成28)年には茅葺き屋根の改修工事が行われ、大切に保存されています。

f:id:teinenoyaji:20210609194000j:plain

 

蛇岩

ダムの底に沈んでしまった民家から運ばれた岩です。言い伝えによると、讃岐から美しい娘(ヘビの化身)がやって来た時、日が暮れて困っていたところ、ある民家が泊めてくれました。翌朝、お礼にこの巨大な岩を川から運んできた後、男のヘビが待っていたヘビ淵に飛び込んでヘビの姿に戻ったそうです。

もしかしたらこの蛇岩には何か、お宝が封じ込められているのかもわかりませんね。

f:id:teinenoyaji:20210609194017j:plain

 

富郷ダム

洪水調節・上水道・工業用水・発電を目的とする多目的ダムとして2000(平成12)年に完成しました。

エレベーターで下に降りて、ダムの堤内を見学することができるようなので、ぜひ一度見に行きたいと思います。

f:id:teinenoyaji:20210609194656j:plain

f:id:teinenoyaji:20210609194713j:plain

 

ダム建設の様子がレリーフとして残されています。

f:id:teinenoyaji:20210609194729j:plain

 

鎮魂碑

工事関係犠牲者3名の鎮魂碑です。残念ながら、このダムでも工事に際して犠牲者がいたようです。美しい山々の中でのダム工事は、危険と隣り合わせであるということを改めて感じました。

f:id:teinenoyaji:20210609195008j:plain

 

おわりに

「てらの湖畔広場」に保存されている記念物から、かつては湖の底に豊かな人々の暮らしがあったことや、また、建立されている鎮魂碑からは過酷なダム工事の現場の様子をうかがい知ることができました。

美しい山並の中で、静かな湖面が広がっている人造湖や豪壮なダムの景観を見ながら、建設の中で失われた人命や暮らしていた人々の思いを、忘れないようにしないといけないと思いました。

f:id:teinenoyaji:20210609195039j:plain