定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事を四国から発信

道の駅「恋人の聖地 うたづ臨海公園」

はじめに

桂由美さん假屋崎省吾さんが選定委員となっている「恋人の聖地プロジェクト」(NPO法人地域活性化支援センター主催)は、プロポーズにふさわしいロマンティックなスポットを「恋人の聖地」として全国各地で認定しています。

 

うたづ臨海公園は多島美が美しいと言われる塩飽諸島とともに、瀬戸大橋を一望できる場所にあり、まさに恋人の聖地としてふさわしい場所、デートスポットです。

f:id:teinenoyaji:20201119195023j:plain

 

 

恋人の聖地

2006(平成18)年に「恋人の聖地」の認定を受けて、「初代 恋人の聖地 モニュメント」が設置されました。2009(平成21)年に公園のリニューアルにわせて新しいモニュメントが作られました。

f:id:teinenoyaji:20201119191630j:plain

 

初代のモニュメントに架けられていた愛の鍵は「愛の鍵カプセル」に入れられています。

f:id:teinenoyaji:20201119191845j:plain

 

モニュメントの前には金網で出来た白いベンチがあり、そこにもたくさんの錠前が架けられていました。

f:id:teinenoyaji:20201119192150j:plain

 

恋人の聖地プロジェクトについては、こちらをご覧ください。↓↓↓

www.seichi.net

うたづ臨海公園

公園内にある「うたづ海ホタル」には、カフェレストランや宇多津の塩づくりを紹介するコーナーが設けられており、また建物の前には復元された塩田があります。

子どもたちが思い切り遊ぶことのできる遊具を備えた遊具公園や芝生広場もあります。

f:id:teinenoyaji:20201119194541j:plain

 

うたづ海ホタル

塔屋では、環境にやさしいⅬEⅮ照明で宇多津の四季をイメージしたライトアップがなされています。

f:id:teinenoyaji:20201119191339j:plain

 

塩づくりの道具や宇多津町の歴史を映像で紹介しているコーナーがあります。

FMサテライトの「恋NAMiスタジオ」があり、楽しさ盛りだくさんの放送を送っています。

f:id:teinenoyaji:20201119195349j:plain

FMサテライトスタジオ

 

キャラクター「な~みん」

うたづ臨海公園のキャラクター「うーみん」は同町の海岸に生息する青く光るウミホタルをイメージして創られました。「うーみん」の恋人は、リボンがかわいいピンクの「ゆ~みん」です。

f:id:teinenoyaji:20201119192559j:plain

「う~みん」と「ゆ~みん」

 

「う~みん」と「ゆ~みん」の子どもで、夕日を浴びてきらきらと輝くイメージの「な~みん」が誕生しました。

3人で仲良く、宇多津をPRしていきます。

f:id:teinenoyaji:20201119192826j:plain

「な~みん」

 

カフェレストラン「海と空のカフェ」

f:id:teinenoyaji:20201119193403j:plain

 

すぐ目の前に海が広がり、塩飽諸島や瀬戸大橋がカフェの中にいながら遠望できます。

古代米ドリアランチをいただきましたが、ご飯に赤米を使用しており、チーズやキノコをふんだんに載せてある健康的なドリアでした。

f:id:teinenoyaji:20201119193612j:plain

 

デザートのプリン?も、まろやかな甘さでとても上品な味でした。コーヒーにピッタリの一品です。

美味しくいただき、のんびりと優雅なひとときを過ごすことが出来ました。

 

復元塩田

公園内には、江戸時代初期に開発され、約半世紀前まで存在していた入浜式塩田が復元されています。

約900平方メートルの塩田と茅(かや)ぶき屋根の釜屋があり、昔ながらの塩づくり体験もできるようです。

f:id:teinenoyaji:20201119194033j:plain

f:id:teinenoyaji:20201119194054j:plain

 

 

おわりに

かつては塩田が広がり、塩のまちであった宇多津も埋め立てが進んで新しい近代的な街へと変貌しています。

新しく開発の進んだ町で、恋人たちが素敵な時間を過ごし結婚して定着することを町全体で応援しているようでした。