定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事柄の記録

農業-ブドウ栽培

定年後のお楽しみと思って、3年前にブドウの木を少々植えました。元々、かなりたくさん栽培をしていたのですが、親が亡くなってからは止めていました。しかし、そのブドウの施設が少し残っていたので、5本ほど植えて栽培してみることになりました。今年は、木も大きくなり本格的に収穫できそうです。甘くて粒の大きいブドウを目指して栽培している様子を記事に書いていこうと考えています。

ブドウの脇芽を除去します

6月中旬、ブドウの房が大きくなってきました。 5月下旬の様子はこちらです。↓↓ www.teinenoyaji.com ジベレリン処理をして粒わきをした後は、しばらく房に触らず大きくなるのを見守るだけです。順調に成長しているようです。 葉っぱの元から出てくる芽(脇…

農薬使用でブドウ栽培をしているおばあさんは元気です

手動の手押し噴霧器 果物を栽培するためには、病害虫の防除作業が欠かせません。 家庭菜園なら自家消費なので形が悪かろうが、味が美味しくなかろうが、どんなものが出来上がったとしても栽培自体を楽しんでいるので満足できます。 しかし、消費者に食べて頂…

ブドウの実が大きくなってきたので房を整えるために粒わきをしました

お題「#おうち時間」 暖かくなっているので、ブドウの木全体の成長が早くなっており脇芽があちこちから出てきます。その脇芽をいちいち取り除く作業をしています。 それにジベレリン処理もほぼ終了して、ブドウの粒がだんだんと大きくなってきました。しかし…

ブドウの花は小さすぎて見えないけれど大きな粒の種なしブドウを目指しています

ブドウの花が咲き始めました。と言ってもどれが花か分からないほど、小さいものです。老眼の進んだ私には小さすぎて見えません。 ブドウの花 花は一度にすべてが咲くわけではなく、ブドウの赤ちゃんの上の方から下へ順々に咲いていきます。 茶色くなっている…

おいしいブドウを収穫するための作業

お題「#おうち時間」 ブドウの成長は早くて、連休中も少しずつ作業を繰り返しています。 成長が早い ブドウの赤ちゃんは、あちこちにどんどんと出来ています。 全部を育てる訳ではないので、今の時期から要らないものは取り除きます。 粒の整形:前と後 選り…

ブドウの赤ちゃん

今週のお題「カメラロールから1枚」 ブドウの赤ちゃん 5月1日の時点で「ブドウの赤ちゃん」があちこちにできています。うまくいけば、これが美味しいブドウの実になってくれます。 今日は、誘引という作業をしました。 誘引というのは、太い枝から横にたくさ…

ブドウ畑に藁を敷きました

「#おうち時間」 ブドウ畑に藁を敷き詰めました。 畑の一面に敷き詰めます。こうすることで雑草が生えてくることを防ぎます。本当にすぐに草が生えます。これからあったかくなってくると、その勢いはすさまじいものがあります。 農業は草との闘いです。草枯…

親戚から藁を貰っています

納屋の藁 藁の束 ブドウ畑に藁を敷き詰めます。 藁は昨年、親戚でもらってきたものを納屋に保管してありました。 ネズミが藁に残っているコメを食べて、かなりかじっています。ネズミを飼っていたようなものです。 本当は私の家でもコメを栽培しているので、…

鳥よけの網張り

ブドウ畑に鳥よけの網を張りました。 まだ芽が出ているかいないかのこの時期ですが、ブドウの成長は早くて、枝が伸びて葉っぱが茂りだすと網が引っ掛かって広げることができません。春になり、これから様々な農作業が忙しくなってくることもあり、早めに畑全…

ビニール張り

ブドウの枝の上に、丸い針金状のトンネルのようなもの(お椀のようなトンネルということで「わんこ」と言っています)を載せてあります。これにビニールをかぶせる作業をしました。こうしておくと病気にかかりにくくなり、おいしいブドウが出来ます。 ブドウ…

ブドウ苗の植えつけ

植えてから3年目 親の残してくれたぶどう畑があります。かつてはたくさんのブドウ畑がありましたが、母親が60歳を過ぎたころから縮小し、家で食べるだけの分を栽培していました。15年ほど前に、母が亡くなり世話をする者がいなくなって、そのまま荒れ果…