定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事柄の記録

自家栽培野菜の手作りピザ

自家栽培野菜と手作りピザ 姉が菜園で栽培している様々な野菜が次々と収穫できるようになってきます。たくさんあるので、どうやって無駄なく食するか悩んでいるようです。 今回はいろんな野菜を添えて、ピザを生地から手作りしたようです。 「梅雨の季節にな…

カローラスパシオは丈夫で長持ち

カローラスパシオ はじめに マイカーの履歴 中古のカリーナ カリーナ サニーのディーゼル 現在のマイカー「スパシオ」 はじめに 田舎では車がないと不便なものです。事故の問題もありますが、無いと生活が成り立たなくなる場合もあります。特に農業では田舎…

バッキンガム宮殿の衛兵交代式を30年前に見ました

はじめに バッキンガム宮殿 衛兵の帽子 帽子の歴史 うっかり独り言 はじめに 1989年8月にロンドンに妻と行きました。今から30年も前のことです。 その時の写真を見ながら当時のことを思い出そうとしていたのですが、すっかり忘れてしまっています。 妻…

「宅建アソシエイト」について

トウモロコシの花 はじめに 「宅建アソシエイト」とは何ですか? どうすれば資格取得できるのですか? 「宅建アソシエイト」に認定されると メリット デメリット まとめ はじめに 一昨年、宅地建物取引士の資格を取得しました。何か資格が欲しいと思い取得し…

優しい小児科ドクターに点滴をしてもらいました

百日草(白) 「 聴診器 もしもしすると 泣きやむ子 」 子供が小さい頃、よく熱を出しました。 そのたびに近くにある小児科に走っていったものです。 そこのドクターはとてもやさしくて子供にも柔らかい接し方をしておられました。 診察する時には○○ちゃん「…

水琴窟の音と小鳥のさえずり

水琴窟の音をYouTubeにUPすることが出来ました。少し長いのですがせっかく作るので50分ものにしました。 www.youtube.com 録音は3時間ぐらい昼間にしたので、水琴窟のぽたぽたという音だけでなく、鳥の声(さえずりと表現させてもらいます)や足音とかそ…

『南天九猿』は、「難を転じて苦も去る」という意味

姉が何か変わったものを飾っていました。 聞くと「南天九猿」という縁起ものだそうです。 南天の「南」は「難」、南天の「天」は「転」、「九」は「苦」、「猿」は「去る」という語呂合わせのようです。 結構細かい作業が必要な小物作りのようでした。 「カ…

スモモ(品種名:不明)の実がカナブンにやられました

カナブン 姉はあちこちに様々な果樹を植えて楽しんでいます。スモモも貴陽という品種以外に何か植えていたようです。 「5年前、畑にスモモの貴陽を植えた頃、別の場所にもスモモを植えていました。 はっきりとした名前は覚えていません。品種は大石早生か、…

自家栽培のズッキーニ料理

姉がズッキーニを何本も植えており、このところ次々と実がなってきています。 ズッキーニを植えた様子については、こちらをご覧ください。↓↓ www.teinenoyaji.com どんどん実が生っているので、何とか食べないと捨ててしまうことになり、もったいないことに…

スモモ(品種名:貴陽)の実が2つ生りました

スモモの貴陽 姉は畑に様々な種類の果樹を植えて楽しんでいます。世話をしたりしなかったりなので、出来栄えは今一つのようです。今回はスモモです。 「スモモ(品種名は貴陽)を5年前に植えました。 果実が大きく200グラム前後の超大玉になり、大きいもの…

昭和30年代末の子供の頃のアイスの思い出

今週のお題「私の好きなアイス」 コシヒカリ(6月26日) 小学生になる前、と言っても昭和30年代末のことですが、どこからか自転車の荷台に保冷箱を載せたおっちゃんが、我が家の近くにアイスを売りに来ていました。 チリンチリンという涼やかな音色につられ…

ブログ継続の秘訣:日記は「日」の記録

百日草 週刊はてなブログにwebライターでDPZ編集部の古賀及子さんのインタビュー記事がUPされていました。 『毎日、日記を書く原動力は……「ひとつもわからない」』という題名でした。 2018年からほぼ毎日、日記を書き続けておられるということです。 私…

自然薯の栽培にチャレンジ

はじめに 自然薯の種芋を発芽 自然薯畑の耕運 自然薯栽培用の畝立て 種芋の芽が出ない 自然薯を食べてみた はじめに 自然薯の皮むき 自然薯のとろろ卵かけご飯 自然薯の植替え作業の準備 自然薯畑の草刈り 資材の準備 自然薯の植え付け 作業開始 種芋を置く…

父が作った水琴窟の音を録音

父が作った水琴窟の音を何とか録音したいと思い工夫をしてみました。 水琴窟というのは大きな甕の底に小さな穴を開けておきその甕を逆さに埋め込みます。 写真手前の小さな丸い石がたくさんありますがその下に埋め込まれています。 奥にある手水鉢の水があふ…

農業高校で小型車両系建設機械の特別教育を受講

はじめに 小型車両系建設機械の運転の業務に係る特別教育とは何? 小型車両系建設機械とは メーカーで違う操作の仕方 農作業でも必要 1日目の講習は時間いっぱいの座学 1日目の講習日程 講義内容 第1章:エンジンや電気系統の構造や取り扱いについての知識…