屋根裏倉庫の片付け(12)

約70年前の新聞でお茶碗を包んでいました。 1面トップに吉田茂首相の写真があり『解散・絶対行わず 増田幹事長 首相の意向を発表』という見出しがありました。内容は「明後年1月までの任期一杯は解散など夢想だもしていない」と語っている言葉が紹介され…

ブドウ栽培(1)

植えてから3年目 親の残してくれたぶどう畑があります。かつてはたくさんのブドウ畑がありましたが、母親が60歳を過ぎたころから縮小し、家で食べるだけの分を栽培していました。15年ほど前に、母が亡くなり世話をする者がいなくなって、そのまま荒れ果…

屋根裏倉庫の片付け(11)

倉庫の中を片付けていると、財布の中から100円札が出てきました。板垣退助が描かれていて、子供のころに見たことがあります。少し調べてみると明治時代から8種類の100円札が発行されていて、板垣退助の100円札が最後のもののようです。 ①旧百円券…

(1)コメ作り

親の残してくれた田んぼで、兼業ですがコメを少しばかり作ってきました。全部で3反半ぐらいです。1反は300坪で10アール(1,000㎡)です。 お米は買った方が安いのですが、田んぼでコメを栽培しないとすぐに草が生え、木が生え、再び田んぼとしてお米…

屋根裏倉庫の片付け(10)

オニノゲシ 山崎豊子氏による「華麗なる一族」は大蔵省が進める金融再編の中で阪神銀行の生き残りを賭けた虚々実々の物語ですが、大変面白く一気に読みました。 この本は1970年代初めの著作なのですが、古い新聞広告を見た時には、現実の金融再編は遥か…