定年後の生活ブログ

定年後に行政書士となり、四国のことを発信しています

74番札所は花手水とウサギの甲山寺

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

はじめに

甲山寺(こうやまじ)は空海生誕の地といわれる善通寺市にあります。

87mの小高い甲山(かぶとやま)の麓に位置し、幼い頃の空海もこの山で遊んでいたのかもしれません。

74番札所で、次は空海誕生の地となる75番札所の善通寺となります。

f:id:teinenoyaji:20210111125204j:plain

 

 

お正月の花手水

お正月の飾りとして、手水舎にお花が飾られていました。

f:id:teinenoyaji:20210111131545j:plain

 

f:id:teinenoyaji:20210111125807j:plain

 

厳しい寒さのため、氷が張っていましたが、きれいなお花飾りを見ることができました。

f:id:teinenoyaji:20210111130154j:plain

 

お花の中にはかわいいウサギが見えます。

f:id:teinenoyaji:20210111130345j:plain

 

親子ウサギ

手水舎の横にある親子ウサギを優しくなでると、「運気上昇」「病気平癒」「商売繁盛」「心願成就」「子宝安産」など、様々なご利益があります。

親子ウサギが、お花で綺麗に飾られていました。

f:id:teinenoyaji:20210111131134j:plain

ウサギ寺

本尊である薬師如来さまの脇侍の月光菩薩が左手に持っている月の中に、ウサギが描かれていることにちなんでいます。

中門のウサギの飾り瓦は、江戸時代末期からあるそうです。

ウサギのお守りやおみくじもつくられています。

f:id:teinenoyaji:20210111130833j:plain
f:id:teinenoyaji:20210111130910j:plain

 

f:id:teinenoyaji:20210111130614j:plain

 

境内

山門

2008(平成20)年に建立されました。駐車場広場に面しています。

f:id:teinenoyaji:20210111131346j:plain

 

本堂

本尊の薬師如来さまを祀っています。

f:id:teinenoyaji:20210111131823j:plain

 

大師堂

f:id:teinenoyaji:20210111132022j:plain

 

多聞天堂

中には毘沙門天さまが祀られています。

f:id:teinenoyaji:20210111132235j:plain

 

f:id:teinenoyaji:20210111132256j:plain

毘沙門天

淡島大明神

婦人病、安産、針供養などあらゆる女性の悩みにご利益のある女性のための神様です。

f:id:teinenoyaji:20210111132608j:plain

 

子安地蔵

お守りとしてお地蔵さまの前掛けを持ち帰り、子どもを授かれば新しい前掛けを奉納します。

f:id:teinenoyaji:20210111132633j:plain

 

縁起

どこかの老翁によるお告げがあり、空海が幼い時に遊んでいたとされるこの地にお寺を建立することになりました。

老翁は、この地の岩窟にいた毘沙門天が化身していたに違いないとして、この岩窟に毘沙門天を祀りました。

空海は嵯峨天皇のよって満濃池の修築を命じられます。

空海が薬師如来を彫って祈願すると、数万の人々が集まり、満濃池の築造が完成しました。

朝廷は、その功に対して2万銭を空海に与え、空海はこれをもって堂を建立し、薬師如来を本尊として開創したといわれています。

寺の裏山が毘沙門天の甲冑の形に似ていることから甲山寺と名付けられました。

天正年間の兵火によって荒廃しましたが、江戸時代中期には再建されたようです。

 

おわりに

ウサギにゆかりのあるお寺として、あちこちでウサギを見かけました。かわいいウサギがさらに引き立つように、ウサギだけでなくお寺もお花で飾られていました。水が凍っているような厳寒の日ではありましたが、きれいなお花とかわいいウサギを見ることができて、心がなごむ一時を過ごすことができました。

これもお大師様のお導きによるものと思いました。