定年後の生活ブログ

定年後に行政書士となり、四国のことを発信しています

円珍ゆかりの76番札所「金倉寺」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

はじめに

広々とした平野の田園地帯に76番札所金倉寺(こんぞうじ)があります。

空海の生誕地である善通寺の近くにあり、甥の円珍(智証大師)が生まれた地でもあります。

円珍も仏教史に名前を残している偉大な仏教者です。

金蔵寺の位置するところは実り豊かな農村地帯であり、仏教界の偉大な人物が2人も誕生しているところでした。

f:id:teinenoyaji:20210414211221j:plain

金倉寺の境内

 

 

円珍(智証大師)とは

814年、金倉郷で誕生し、15歳で比叡山に上って修行します。

845年、役行者を慕って修行を重ね、修験道の発展に寄与しました。

853年、唐に向かい6年にわたって仏道求法の道を究めます。

858年に帰国し、帰国後は道善寺の伽藍造営に尽力します。

868年、延暦寺第5代座主として鎮護国家・仏法興隆に尽くしました。また、園城寺(三井寺)を賜り道場としたことで、天台宗寺門派・園城寺の宗祖とされています。

891年、78歳で入寂。

f:id:teinenoyaji:20210414211458j:plain

円珍(智証大師)像

境内

仁王門・本堂・大師堂・訶利帝堂・金箔大黒天・小判のお札・ぐち聞きわらべ

f:id:teinenoyaji:20210414211751j:plain

境内案内図

仁王門

f:id:teinenoyaji:20210415083326j:plain

 

f:id:teinenoyaji:20210415083546j:plain
f:id:teinenoyaji:20210415083528j:plain

 

 

本堂

本尊は薬師如来で、智証大師作と伝えられています。1983(昭和58)年に建立された、新しいお堂です。

f:id:teinenoyaji:20210414212019j:plain

 

大師堂

弘法大師、智証大師、伝教大師、天台大師、神変大菩薩の五祖師を安置する祖師堂です。

観音堂

本尊の十一面観音像は智証大師作とされています。

訶利帝堂(かりていどう)

円珍が5歳の時、訶利帝母さまが現れて円珍を守護すると約束されたので、金倉寺の訶利帝母さまは「日本最初出現訶利帝母」とされ、子供と母親の守り神として信仰を集めています。

子供や女性の守り神ですが、子授け・安産祈願の信仰もあり、地元の人々からは「おかるてんさん」の愛称で親しまれています。

f:id:teinenoyaji:20210415083858j:plain

大師堂・観音堂・訶利帝堂

金箔の大黒天

駐車場から境内に七福神の石仏が点在しています。

本堂前には、金箔を貼って金運アップのご利益を祈願する、金箔の大黒天さまが鎮座していました。

f:id:teinenoyaji:20210414233813j:plain

 

小判のお札

勝運、金運、幸運、延命祈願のお札を掛けています。「金」に「倉」の名前が付いているお寺なので、小判型のお札です。ご利益も大きそうです。

f:id:teinenoyaji:20210414233831j:plain

 

 

ぐち聞きわらべ像

大きな耳で、コッソリ話す愚痴を聞いてくれます。

f:id:teinenoyaji:20210414233849j:plain

 

縁起

774年、和気道善(わけのどうぜん)が如意輪観音像をお祀りしたことに始まるとされています。

道善の子ども宅成(やかなり)と孫の円珍(智証大師)の働きで、851年には官寺になりました。

円珍が唐より帰国した際に、子供や女性の守り神として知られている訶利帝母(かりていも)の像を彫って訶利帝堂を建立しました。

928年、醍醐天皇の勅によって地元金倉郷の名をとって、金倉寺と改称されています。

度重なる兵火によって江戸時代初期まで無住の寺になってしまっていたのを、高松藩松平氏の庇護のもと天台宗の寺として再興されました。

明治時代には、善通寺の師団長として乃木将軍が赴任され、金倉寺を宿舎としていたことがあります。

f:id:teinenoyaji:20210414234353j:plain

花手水

おわりに

比叡山延暦寺の天台座主を24年間にわたって務め、仏教の発展に大きく貢献した人物が生まれた地にあるお寺です。

空海とも近しい親戚にあたり、偉大な仏教者が香川県西部の地から2人も輩出していることに驚きます。

偉大な仏教者円珍ゆかりの金蔵寺ではありますが、金箔大黒天とか愚痴ききわらべ像があり、現世利益を求める庶民の願いにもしっかりと答えてくれそうです。

今も昔も地域の人々の手によって守られ、多くのお遍路さんたちで賑わっている札所でした。