定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事柄の記録

女子の多い農業高校

f:id:teinenoyaji:20200506144707j:plain

ぼたん

 農業高校で勤務したことがあります。農業高校では作物の栽培や動物の飼育を通して、人が生きていくことの根本を実体験として学びます。

 実習で種蒔きや水やり、生き物の世話等いろいろな作業を日々、繰り返します。

 正月に農場へ行ったことがあるのですが、当番の生徒が黙々と豚にエサやりをしていました。動物には盆も正月もありませんから仕方ないですよね。

 本当に地味な作業の繰り返しなんです。地味ですが毎日、ちょっとずつ変化があるんです。それを肌で感じることが出来ます。

 今、この農業高校の生徒に女子が多いんです。

gollila-super-hero.hateblo.jp

さんのブログを見て、改めて思いました。20年前までは男子が多かったのですが、今は女子が圧倒的に多いんです。

 時代の変化なのでしょうか。テレビを見れば料理や美味しいお店の紹介番組ばかりですよね。

 食べるということに関しては、出産を通して男よりも生まれることの本質を理解している女性の方が感度が高いと思います。

 生まれてから「生きるために食べる」ということを突き詰めれば、食の生産である農業や水産業に突き当たります。

 女子の方が豊かな食の生産が大切であるという時代のトレンドにいち早く気づいており、それが農業高校に多く入学している一つの理由ではないかと考えたりします。

 よろしければgollila_super_heroさんの書かれているブログを訪問し、 農高生活の様子を知っていただければ幸いです。