定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事を四国から発信

「銀の匙」と農業高校

 

「銀の匙」

「銀の匙」(荒川弘)は農業高校御用達の漫画です。都会育ちの農業とは縁もゆかりもない主人公の八軒勇吾が農業高校に入学してからの成長の様子を描いています。

農業高校がどのような所かを知るにはうってつけの漫画だと思います。

第1巻から第15巻までのあらすじと実際の農業高校での私の体験を記します。

 

農業高校の話①「食肉処理場を見学させてもらったことがあります」

私は生徒たちと一緒に、実際に食肉解体処理場で牛の解体現場を見学させてもらったことがあります。まさに命をいただく現場です。

飼育している家畜が生産者として、どのように解体処理されているかを知ることはとても重要です。残念ながらこうした食肉の解体に関しては、偏見があるのではないでしょうか。そのような偏見を無くすためにも食肉解体の実際を見てもらいたいと一般公開している処理場で見学させてもらいました。

処理場の畜魂碑に花を手向け、場内に案内してもらいます。2階の見学場所から内部を一望でき、屠畜から解体までの一連の流れを見学できるようになっていました。

一連の作業は極めて効率的に何よりも衛生的に分担して行われています。最後に我々がよく見る枝肉になってセリにかけられることになります。

印象に残ったことは、作業をされている方々の手際の良さと衛生に対する意識の高さでした。たくさんの獣医さんがいて、これでもかというぐらい繰り返して検査をしています。食肉処理に関わっている方々は、美味しいだけでなく、安心で安全なお肉を消費者に届けるためのプロフェッショナルなお仕事をされていると感じました。

家畜を屠ることに目をつむって、美味しい美味しいといって食べるだけでなく、このような食肉処理の実際を正しく知ることは大切なことではないでしょうか。

 

第1巻・・・春の巻

主人公の八軒勇吾が大蝦夷農業高校に入学した早々に、大きなカルチャーショックを受ける中で、自分の生き方について考えさせられる出来事が次々に起こってきます。

寮での生活、実習の様子、部活動など農業高校の実態に即した物語です。

農業高校では実習を大切にしています。頭だけでなく体を使って学ぶことが大切だからです。早速、八軒も実習を始めたようです。

鶏の当番実習では、卵がおしりから生まれてくることにショックを受けています。

豚の実習ではかわいい子ブタに名前を付けない理由とか子豚の去勢実習に驚いています。また、クラスメートと一緒に行ったばんえい競馬でも、役に立たなくなった経済動物はすぐに食肉にされるという事実を知ります。

仲良くなった友達のそれぞれの家庭の事情も少しずつ明らかになってきています。

ゴールデンウィーク明けごろまでの、農業高校の様子がよく描かれていると思います。

 

第2巻・・・春から夏の巻

ゴミ捨て場で壊れたピザ窯を見つけました。ピザが焼けるかもと八軒が言った一言で、みんなのためにピザを焼くことになります。そこは農業高校なので、すべての食材が調達できます。ピザを目当てに先生、先輩、同級生を巻き込んで、ピザ大会になりました。本当に美味しいピザが出来上がり、笑っちゃうほどの美味しさでした。やり切った八軒が何かをつかんだようでした。

夏休みが近づいたころ、家に帰りたくない八軒は御影アキの家でアルバイトをすることとなりました。そこで、ひょんなことから鹿の解体をすることになり、おじいさんの指導でついに成し遂げました。

御影の家の近所に野球部の駒場の家があります。オーバーワークで父親が亡くなり、母親が一人で小規模な酪農を営みながら生活しています。そんな母親を野球で成功して助けることを目標に頑張っている駒場との違いに将来の目標のない八軒はさまざまな思いをめぐらします。

稲田多摩子の家にも遊びに行きました。そこは何百ヘクタールという大規模で近代的なファームで、御影や駒場の農場との違いに唖然とします。

食料を生産している農業高校の様子がよく分かるとともに、酪農の実態の違いや後継ぎ問題、命を頂いて食することについてなど農業のありようについて考えさせられる内容でした。

 

第3巻 夏の巻

八軒が夏休みのアルバイト中に兄が訪ねてきます。ここであっけらかんと衝撃の告白「東大に入ったけど、うまいラーメン屋に出会って弟子になったので、辞めた。」今はうまいラーメンの食材を求めて北海道を旅行中です。早速、ラーメンを作ってみんなに振る舞ったのですが、これが不味いこと不味いこと。何とも破天荒なお兄さんでした。

バイト中に八軒のミスでせっかく絞った生乳を大量に無駄にしてしまい、大きな損害を出してしまいます。バイト代の辞退を申し出るのですが、正当な労働の対価だとして支払ってくれました。八軒はこのバイト代をなにに使うのでしょうか。

夏休みが終わって、2学期が始まりました。「豚丼」と名前を付けた赤ちゃん豚は驚くほど成長しています。成長しているということは出荷が近づいているということです。八軒は「殺して食べること」を考えて悩んでいます。出荷すれば1頭、約3万円です。悩んだ末に、処理された「豚丼」の肉を買い取ることになりました。1頭分の豚肉をどうするのでしょうか?

そのことを聞いた先生は、生徒たちの希望者に屠畜のビデオを見せます。

  

農業高校の話②「子豚の出産に立ち会いました」

母豚は一度に10匹前後の子豚を出産します。何時間もかけて少しずつ出てくるようです。分娩は夜が多いそうなので係の先生もそれに合わせています。子豚が生れ落ちると薄い膜で覆われているので、それを取り除きます。牙が少し生えているので、ペンチでこれも切り取ります。

ある時、難産だったようで女性の先生が呼ばれました。子宮に手を突っ込んで引っ張り出すためです。男性の腕では大きすぎるので豚に負担がかかりすぎるので女性の方がよいそうです。

豚への種付けは人工授精で行っているようですが、雄豚にも交配させていました。雄豚は体が大きくて迫力があります。この雄豚が雌豚の背後からのしかかって交配させます。専門の先生がサポートするのですが、なにせ大きな豚を相手ですので、一歩間違えると大けがに繋がる危険な作業です。

豚の交配とか出産を見ることは、なかなか出来ないことなのですが、直接見ることが出来てとても勉強になりました。

 

第4巻・・・ベーコン作り

出荷した「豚丼」が51キログラムの肉になって帰ってきました。これを八軒は買い取ってどうしようかと考えているうちに、みんなが聞きつけて寄ってきます。

肉を持っていると男が寄ってきてすぐ無くなってしまうという忠告を受けて、ベーコンに加工することになりました。ベーコンを燻す煙で知れ渡り、結局のところやっぱりみんなで食ってしまいました。

そこに何故かお兄さんが出現し、親にも送ってやれと言われます。親の期待に沿えず反発して、どうしようかと逡巡している八軒に「親に本気を見せてやれ」と言われた一言で、なんとか宅急便で送ります。送られた箱の中身には、説明も何にも入ってなくてベーコンだけだった。お兄さんの電話で事情を知った母親が早速料理をして父親も食べました。母からのメールでお父さんが「おいしかった」といっていることを知らされた八軒は、複雑な気持ちの中にもまんざらでもない表情を見せます。

父子の複雑な状況の一面が見られるシーンでした。

先輩が引退し、馬術部の副部長に指名されるのですが、理由はひねくれ方が正直で解り易いから、なんかあったら話しやすいということでした。

そんな時、近所同士の駒場とアキが深刻な話をしているところを八軒は見てしまいます。おまけにアキは涙を流していた。二人に何があったのかを聞いても「お前には関係ない」と言われてしまいます。そうなると益々気になってしまい、これは嫉妬なのか?と思い悩む八軒でした。

二人に何があったのかは今後の展開のようです。

最後に、八軒は馬の蹄鉄を拾います。アキはそれを見て、「牛は人の足を踏むけれど、馬は踏まないから落ちていた蹄鉄を拾うと幸運になる」と教えてもらい、ドアに飾ることになりました。

 

第5巻・・・駒場の野球とエゾノー祭準備

学校の恒例行事、ゴミ拾いで八軒は捨てられていた子犬を飼うことになります。名前は「副部長」で馬術部のマスコット犬になりました。

甲子園を目指して駒場は秋の大会にピッチャーとして臨んでいます。初めて野球の応援に球場に駆け付けた八軒は、その大きさとそこでプレーしている駒場の真剣な姿に大きな影響を受けました。

八軒も馬術部で新人戦に向けての本格的な練習を始めますが、ほかの部員とは違ってうまく持ち馬のマロン号を乗りこなせません。何が原因か分からないまま焦っていると、部員のアキが休みの日に地方の馬術大気に誘ってくれました。そこで、馬のお蔭で競技が出来ていることを実感し、馬を自分に合わせるのではなく、自分を馬に合わせることを学びます。そのことで何かを乗り越えていったようです。

エゾノー祭で馬術部の出し物に輓馬をすることになり、1から輓馬のコースを作ってしまいます。それだけでなくあれやこれやあちこちから頼まれて、断りきれない八軒はとんでもない量の仕事を抱え込んでしまいます。

さて、この状況を乗り切ることが出来るのでしょうか。

 

第6巻・・・新人戦デビュー

馬術部の新人戦に出場することになった八軒は、前日の夜はあまりの緊張に眠れないと思いきやエゾノー祭の準備の疲れもあって爆睡しています。

新人戦当日の会場で、御影アキの幼友達の南九条あやめと出会います。アキをライバルとしている字意識高い系の面白いキャラの彼女が登場して、脱線気味な展開になります。

初めて出場する試合の種目は、初心者向けの「ジムカーナ」。八軒は緊張しすぎて意識が飛んでしまっているうちに、相棒馬のマロン号がうまくリードしてくれて無事終了しました。

もう一つの出場種目である初心者向けの「小障害飛越C」では、思わぬ好結果に表彰台の期待も膨らみましたが、結果は残念ながら4位でした。

馬術部に成り行きで入り、大会にも出たくなかったような後ろ向きの気持ちしかなかった八軒でしたが、なぜか猛烈に悔しさがこみ上げてきます。今後の馬術部での活躍が楽しみです。

試合が終わり、再びエゾノー祭の準備に八軒は集中します。やることが多すぎてとんでもないオーバーワークになっているにも拘らず、頑張っている八軒でした。

ところがエゾノー祭当日の朝、八軒は過労で倒れてしまい、そのまま救急車で病院へ。目覚めた時はもう夕方でした。

 

第7巻・・・過労で入院

過労で倒れた八軒を父親が見舞いに来たが、厳しい言葉を残して仕事のために帰ってしまいました。母親とも気まずいまま別れます。

検査の結果は、特に異常もなく学校に戻った時にはエゾノー祭は終わってしまっていました。

何もできてないことに忸怩たる思いの八軒に対してアキが感想ノートを見せます。馬術部の出し物を見に来てくれたお客さんの率直な感想が書かれていました。「ありがとう」の言葉を見て、やってよかったと感動した八軒は涙を見せます。

参加できず、何もしてないことに対する八軒のこだわりも薄まり、エゾノー祭後の馬術部の打ち上げに参加して楽しむことが出来ました。

八軒とアキは一緒に大蝦夷神社へ遊びに行くことになり、そこで絵馬に願いことを書きます。何を書いたのかを見せ合うと、「駒場が甲子園に行けますように」と同じことを書いていて笑いあってしまいました。

秋季北海道大会が開幕となり、大蝦夷農業高校はベスト4にまで勝ち進みます。9回裏ここを抑えれば決勝戦という場面で、リリーフに駒場が登場します。ところがエラーで逆転負けしてしまいました。

大会で負けた後、駒場は学校に来なくなります。何かあったのでしょうか。

 

農業高校の話③「農業高校の文化祭」

農業高校の文化祭では栽培した作物とか加工食品の販売があります。野菜や果物、草花や加工したみそや缶詰など農業高校で生産したものを地域の方々のために販売します。

そのため、とてもたくさんの地域の方々が学校に来られます。毎年のことなので地域の方々も楽しみにされておられるようです。

周りの道路はかなり渋滞するし、販売している品を買い求める人々で長い行列が出来るし、その日は生徒も先生方もてんてこ舞いの忙しさです。

八軒のようにあれやこれやと係を重複している生徒もいて準備の段階から忙しく働いています。

エゾノー祭のように、生徒はクラスごとに焼き鳥やポップコーン、金魚すくいといった屋台も出したりします。やはり食べ物関係が多かったと思います。

農業高校にとっては地域の方々を巻き込んだ一大行事です。

 

第8巻・・・駒場の退学とアキの将来

八軒は、チーズを愛する中島先生のラクレットチーズ作りの手伝いをさせられることになりました。そこでチーズのことをいろいろと学ぶことが出来ました。

そんな折、食堂入り口の上に飾ってある「銀の匙」の意味を知ります。外国の言い伝えでは「銀の匙を持って生まれた子供は生涯、食べるのに困らない」ということです。子供が生まれると願いを込めて「銀の匙」をプレゼントしているようです。

食いっぱぐれがないということでは、農家の子供はまさにそうだということです。

駒場の牧場が破産して離農することになってしまいました。規模拡大をした後にお父さんが無くなってしまい、大きな借金だけが残ってしまったのです。アキの家も保証人になっています。駒場は迷惑を掛けられないといって、学校を辞めて働くことになりました。

八軒は自分の無力感にさいなまれます。

農家の友達は借金を前提にした農業経営になっているから駒場のことは他人ごとではないといった現実が語られます。農家だから安泰ではない現実を八軒は知らされていくのです。

アキの家にとっても他人ごとではありません。保証人としてどう借金を返していくのか、後継ぎとして期待されているアキを交えて、経営会議が行われました。

何故か、八軒もこの会議に参加しています。そこでアキは長年の思いである、家業の酪農を継がずに馬の仕事をしたいという考えを親に話します。それなら条件として大学に行くこと、それも公立の大蝦夷畜産大学へということになりました。

アキは全く勉強してこなかったので、成績が問題になるのですが、それなら僕が八軒が勉強を教えて後押しをしますということになりました。

 

第9巻・・・母の来校

大学進学を目指すアキは勉強にふらふらですが、部活の時は生き生きとしています。勉強の方法を八軒は兄に相談すると、実家に虎の巻きがあるから取りに行けと言ってくれます。アキのためにと思って、札幌の実家に帰ることを決心した八軒でした。親がいないであろう時間に帰ってみたのですが、ばったりと両親に遭ってしまいます。

結局、父親との意見の相違で喧嘩別れをしてしまいました。

母親が入学以来、久しぶりに大蝦夷農業高校にやって来ました。学校の関係者と一緒に農高で生産したものをみんなで食べます。その中で、八軒が友達と過ごしている様子を見て、子供の成長に目を見張ります。八軒も、今までの自分ではないということを母に伝えました。

再びベーコンを作ろうと盛り上がります。もちろん中心は八軒です。先生に相談に行くと、飼育から食べるまでの全工程を体験しようということになりました。その中には解体作業が含まれます。隣にある大蝦夷畜産大学で希望者は見学させてもらうことになりました。「ベーコン」という名前をつけた豚が解体されます。

解体シーンも割とリアルに描かれています。生徒たちにとっては、首の動脈を切って放血する場面がきつかったようです。

さて、ベーコン作りはどうなるのでしょうか。

 

農業高校の話④「農業高校からの進学」

農業高校からもたくさんの生徒が進学します。私の勤務していた高校では進学と就職が半々ぐらいでした。進学先は大学・短大・専門学校等と多岐に渡っています。進学する場合はほとんどが推薦です。 

漫画に出てくるアキのように推薦入試で国立大学の農学部に進む生徒もいます。国立大学にはほとんど農学部あるので、農業高校からの生徒を結構たくさん受け入れてくれています。

もちろん推薦入試には、高校での成績(評定平均値)がまずもって良くなければなりません。更に小論文や高校での活動なども評価されます。

そうした推薦入試を経て入学した生徒は普通科出身の生徒とは違い、早くから専門的なことを学んでいるので大学でも活躍しているようです。

 

第10巻・・・ソーセージ作り

正月になったので寮のみんなは家に帰ってしまいます。八軒は親と会いたくないので寮でお正月を迎えることになりました。

農業高校には飼育している動物がいるので正月も関係ありません。誰かが面倒を見ることになります。蝦夷農高校では先生方が年末年始関係なく、動物の世話をしているようです。例年なら生徒がいないのですが、今年は八軒が残っています。八軒も動物の世話手伝いました。先生方と一緒に蝦夷農産の食材を使って、年越しそばや餅つき大会をして楽しんでいます。

正月が明け、学校が再開されると、注文していた豚肉3頭分が届いていました。これをベーコンとソーセージにしてみんなで食べるとともに販売もすることになりました。

八軒は今度はソーセージ作りに挑戦です。本格的なソーセージ作りの工程が細かく描かれています。

農業高校は生産物を販売しています。これは、自分たちが生産しているものを販売することで、消費者と触れ合うことと様々な声を聞いて今後の生産活動に生かしていくためです。どこの農業高校もやっていることなのですが、販売の日は多くの方々が農業高校の農産品を求めて大賑わいです。

蝦夷農でも野菜や肉の加工品を販売しているようです。八軒は自分たちが作ったベーコンとソーセージを販売します。値段をいくらにするのか、パッケージはどうすれば売れるのか、販売の実践を通じて多くのことを学んだようです。特に蝦夷農産なら間違いないと言って買ってくれるお客さんの声を聞いて、蝦夷農がこれまで培ってきた信頼というブランドの重みを感じたようです。

八軒のお兄さんがロシア人の奥さんを連れて蝦夷農高校へやって来ました。おおらかな嫁さんたちと八軒は農高を案内しながら楽しく過ごします。結婚したので兄は「東大現役合格」を売りにしてネットで家庭教師をしていると話をしています。八軒はブランドよりも自分自身を見てもらいたいと感じたようです。

冬の祭り会場で学校を辞めた駒場に再会します。駒場が辞めたことで、他の生徒もいろいろと思うところがあったようです。そのことを駒場に語ります。それを聞いた駒場にも心境の変化があったようです。

 

第11巻・・・退寮

3年生が卒業の時期が近づいてくると、八軒も将来のことを考えるようになります。

そんな時に、仲間と会社を立ち上げて上を目指したいと考えだします。会社立ち上げのことを調べだすと、そのためには寮を出てアパートに住み、父親に出資してもらわなければなりません。意を決して電話しますが、企画書もビジョンもないようなことは会議にも掛けられない、時間の無駄だと言われます。

一方、アキは八軒の手助けのお蔭で成績も少しずつ上向いてきました。この時、進路の先生から推薦入試のことについて教えてもらいます。大蝦夷畜産大学の推薦入試は、調査書の評定平均値が全体で3,8以上、数学・理科・英語が4,3以上それと小論文試験、面接です。これを知ったアキはそれに向かって頑張る決意をしました。

退寮の日に校長先生が「銀の匙」の話をしてくれました。「銀の匙」は子供が生まれると食いっぱぐれが無いようにとの願いからプレゼントするのが普通ですが、中には、毎年、誕生日になると一本ずつプレゼントする親がいます。

職人さんが魂を込めて作ったスプーンを毎年貰っていると、大きくなった時には一そろえ出来ます。出来上がったものは子供の・家族・職人の歴史であり、一財産ともなります。今あるものは誰かが積み上げたものを、使わせてもらっているということです。

大蝦夷農高の寮も同じです。寮に来てくれてありがとう。

 

第12巻・・・起業

蝦夷農祭で馬を見て入学を決めた新入生が春休みに馬術部を見学に来ました。蝦夷農祭でやったことが実を結んだようです。父親に企画書を送ってみますがボツにされてしまいます。

みんなで事業のネタを話し合う中で、「蹄耕法」で廃牛に付加価値を付けるプロジェクトを始めることになりました。

アキは推薦入試の小論文対策を始めています。

豚の飼育担当の富士先生は自分の夢である猟師になるため学校を辞めることになりました。学生起業とか国立大学を目指すとか、生徒のチャレンジに背中を押されたようです。

豚の放牧を事業化するために大川先輩が社長で八軒が副社長ということになりました。アキの家で協力してもらって準備を始めます。

大規模に放牧を行っている牧場にも見学に行き様々なことを学んできます。初めて出荷した豚でピザを作って売るのが八軒の考えでした。さて結果はどうなるのでしょうか。

 

農業高校の話⑤「農業高校での生徒の成長」

農業高校の生徒たちは個性が豊かです。「銀の匙」に描かれているように目的を持って入学してくる生徒もいますが、八軒のように中学校時代に自分に自信を失ってしまい何となく入学してきたり不登校気味であった生徒もいます。

しかし農業高校で学ぶことは中学校の延長ではなく、実学として実際に体を動かして会得する学びです。それも日々命と向き合っていることから、机上では学ぶことのできない生きること生かされていることを身をもって体験できます。

その様な教育環境の中で、思わぬ気付きを得て、生き生きと何事にも積極的に取り組む生徒が生まれてきます。中学校の時と比べて農業高校でホントに変化したと中学校の先生が仰っていたことがありました。

多分、進学校の生徒さんよりかは多様な家庭的背景の生徒が多いと思いますが、そのような中で、植物や動物と共に成長して立派に社会に巣立って行っているのです。

農業というものはそもそも動物や植物を育てるものなので、農業にたづさわっているとそれに伴って人も成長するものなのではないでしょうか。

残念ながら、少子化の影響で四国でも農業高校の統廃合が進んでいますが、農業高校の魅力をもっと多くの方に知ってもらいたいと願っています。

 

第13巻・・・インターハイ

インターハイに向けての北海道大会が始まりました。上位3校中2位までになると御殿場で行われるインターハイに出場できます。八軒は失敗してしまいますが、最後のアキが頑張って、2位となり、ついに念願のインターハイ出場です。

せっかくインターハイに出場できたのですは、八軒は経路違反ということで失権し、全くいいところがありませんでした。

3年生最後の夏休みも終わり、2学期が始まります。アキは何とか推薦基準をクリアできたので、大蝦夷畜産大学の推薦入試を受けることが出来そうです。あとは小論文試験に向けてのラストスパートです。

一方の八軒は、初めてのイベントで起業した会社のピザ販売に向けて、準備に忙しい毎日です。

そんな時、東京に出稼ぎに行っている駒場から、突然、連絡が来て八軒に頼みたいことがあると言ってきました。

 

第14巻・・・アキの入試と八軒のピザ販売

東京に出稼ぎに行っている駒場は八軒のお兄さんに勉強を教えてもらうことになりました。

最後のエゾノー祭が終わって、アキは推薦入試、八軒はばんえい競馬でのピザ販売の日になりました。

アキの小論文のお題は得意の馬のことではなく、チーズのことで慌てます。緊張し過ぎた面接でしたが素直な自分の気持ちを表現することが出来ました。

八軒のピザ販売も好評だったのですが結局は赤字となります。しかしベーコンの販売で何とか黒字を確保し、反省会で改良点を話し合うことになりました。

アキの発表の日は、八軒は自分の発表ではないのに胃が痛くて休んでしまいます。しかし見事合格していました。

今年のクリスマスは秋と一緒に過ごそうと思っていたのに、社長の大川先輩が黒豚の本場九州に視察に行くことになり、長芋農家のバイトを押し付けられてしまいます。

帰って来た社長が生産から販売まで6次産業化していることを学んできて、それなら自分たちも加工のための工場を持たなければならないことになりました。

そのためにも食品衛生管理者が必ず必要となるということで八軒は大蝦夷畜産大学を受験することになります。

 

第15巻・・・卒業

父親に大学受験のことを話し、会社に出資してくれることになりました。

センター試験が終わり、その後、卒業テストも始まります。先生がアキの合格祝いで八軒も一緒に、美味しい豚を連れて行ってくれました。おいしい豚やチーズを扱うプロの方とも、知り合いになることが出来て、会社人としての人脈を広げることが出来たようです。

その帰りに交通事故に遭ってしまい足を負傷してしまいます。そのまま大蝦夷畜産大学の2次試験に臨みました。

卒業試験が終わってから大学の合格発表があり、無事に合格することが出来ました。

4年後、八軒は駒場からロシアに来てくれという電話をもらいます。駒場はシベリアの広大な土地で農業を始めていたのです。八軒兄の奥さんがロシア人でロシア語を教えてもらっていました。その関係でロシアに渡っていたのです。そこで駒場はシベリアで豚を飼わないかと持ち掛けます。さあどうする八軒。

エゾノーでは今年もピザ会をしています。生徒が将来の夢を話ていると、先生がこんな生徒がいたと語り始めました。八軒のことです。その話を生徒たちは目を輝かせながら聞いています。八軒はエゾノーに確かな種を蒔いていったようです。