定年後の生活ブログ

定年後に行政書士となり、四国のことを発信しています

空海の母と18番札所「恩山寺」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

はじめに

人里から少し離れた山裾の森の中に18番札所の恩山寺はあります。

寺へと上がって行く山門の脇に、空海が植えたとされる毘蘭樹(ビランジュ)の大木がありました。

ビランジュというのは、博打の木の異名で、樹皮がたえずはげ落ちることから、博打に負けて裸になるのに例えた命名です。

空海ゆかりということからインドの毘蘭樹と呼び伝えているそうです。

毘蘭樹(ビランジュ)の大木

f:id:teinenoyaji:20211013211049j:plain

境内

境内案内図

f:id:teinenoyaji:20211013211104j:plain

仁王門

屋根に草が生えてみたりしている、鄙びた状況で趣がありました。

f:id:teinenoyaji:20211013211511j:plain

境内への階段

駐車場から歩いて上って行くと、境内への階段があります。

f:id:teinenoyaji:20211013223819j:plain

大師堂(左)と御母公堂(右)

大師堂には空海が刻んだとされる弘法大師像ですが、秘公開です。

空海の母親である玉依御前を祀る御堂には、空海作といわれる「御母公像」と母君の髪の毛が安置されているそうです。

f:id:teinenoyaji:20211013222416j:plain

弘法大師御母公御剃髪所

f:id:teinenoyaji:20211013225133j:plain

地蔵堂

少し朽ちかけているような地蔵堂には、地蔵菩薩像と釈迦の十大弟子の像があります。

f:id:teinenoyaji:20211013222434j:plain

f:id:teinenoyaji:20211013222448j:plain

本堂への階段

f:id:teinenoyaji:20211013224237j:plain

本堂

本尊は薬師如来さまです。

f:id:teinenoyaji:20211013211527j:plain

縁起

寺伝によると、聖武天皇の勅願によって行基が開創しました。はじめは女人禁制の道場で、女性の立ち入りが許されませんでした。

9世紀初め、空海がこの寺で修行していた時に、空海の母である玉依御前が訪ねてきました。

空海は修法によって女人禁制を解除して母を迎え入れました。

空海の母である玉依御前は寺で出家して剃髪し、髪を奉納したことから、「玉依御前の剃髪所」と云われています。

このことから空海は自身の像を刻んで奉納し、現在の寺名に改めたとされています。

14世紀初めには源空によって再興されましたが、16世紀末には長宗我部元親の兵火によって焼失してしまいました。

江戸時代に徳島藩主蜂須賀氏の庇護を受けて復興し、19世紀初めごろに現在の諸堂が建立されています。

境内全景

f:id:teinenoyaji:20211013222900j:plain

おわりに

山腹の緩い斜面の森の中に伽藍が建立されていて、心が洗われるような静かな環境でした。

空海の母が生地の善通寺からここまでやって来る道のりを考えると、当時は途方もない道のりであったかと思います。

それでも母の一念で、子どもの空海に遭いに来たことを思うと、母親の子どもに対する深い愛情を感じることができました。

【ふるさと納税】黒毛和牛最高クラス!厳選した阿波牛◆焼き肉用1.5kg/冷凍発送◆ 【MF-14】