定年後の生活ブログ

定年後の徒然なる事柄の記録

ブログ継続の秘訣:日記は「日」の記録

f:id:teinenoyaji:20200625073315j:plain

百日草


 週刊はてなブログにwebライターでDPZ編集部の古賀及子さんのインタビュー記事がUPされていました。

 

 『毎日、日記を書く原動力は……「ひとつもわからない」』という題名でした。

 2018年からほぼ毎日、日記を書き続けておられるということです。

 私も100日余り連続で書いてみて、これからも出来れば続けていきたいと思ってはいるものの、どうやったらそんなに書き続けられるのかと思い読んでみました。

 

 彼女のきっかけは、ライターのスズキナオさんが毎日のようにまとまった文章量の日記を書いて更新されているのを知り、私もやってみようということで書き始めると意外と書けたということです。

 動機は単純だと思いますが、やはり書くことに対する関心は人一倍ある方なのではないでしょうか。そうでなければ何年も連続して書けるとは思えません。

 

 日記は「日」の記録なのであったことをそのまま書けばいい。

 

 あったことをそのまま書くだけで、伝えたいこと(メッセージ)はないし、感想も書かないそうです。

 事実だけを書いても「あなたが切り取った事実」という選択があるので、そこに書いた人のオリジナルがあるということです。

 その通りですね。同じものを見たり体験しても、それを文章にすれば皆、違ったものになります。

 何を切り取って書くかも違いますよね。だから、あったことをそのまま書いただけでその人独自の文章になります。

 どうしても文章を書くと、何かを伝えなければならないとか、うまく感想を書かなければいけないと思ってしまいがちになりますが、ありのままの事実を書くだけで良いとなると、気持ちも楽になります。

 それが日記の良さだと思いました。

 

 しかし、書くための努力は惜しまないようです。それがメモを取るという行動です。

 古賀さんは一日4個ぐらいでもいいからメモを取っていると語られていますが、これを実践するとなると大変です。やはり陰ながらの努力は必要です。

 

 最後に、地球上に何十億人もいる内の一人の記録である日記はオリジナリチィーがあるし、今の時代、それをネットでたくさんの人に読んでもらえることはとても面白いことと語られています。

 もっとたくさんの人に読んでもらえるように英訳の準備もしているようです。

 

 毎日の事実の積み重ね、それも市井にいる一人の人の記録を、もし100年後の人が読み返すととても貴重な記録となるのでしょうね。そうした記録を残しておいて欲しいとも思うし、そんなことは考えずに気楽に書き続けていって欲しいとも思いました。

 

 私にとっては、とても参考になる記事でした。