定年後の生活ブログ

定年後に行政書士となり、四国のことを発信しています

浜口雄幸の生まれた家と養子先の家

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

はじめに

浜口雄幸は高知県出身で唯一の総理大臣です。

その風貌から「ライオン宰相」とも言われています。

高知市で水口家に生まれますが、田野町へ養子に行ったので浜口を名乗っています。

高知市の誕生の地から室戸方面(東方向)へ50kmほど行った所が、養子先の田野町です。

生まれた所の家と、養子に行った先の家が、どちらも記念館として保存・整備されています。

ちなみに、吉田茂も高知県ゆかりの総理大臣ということですが、吉田は父親の竹内綱が高知の宿毛の出身です。

吉田は五男として東京で生まれ、3歳の時に、福井藩士であった吉田健三の養子となりました。

吉田茂も高知県にゆかりはありますが、出身ということでは浜口雄幸だけということのようです。

 

浜口雄幸の生涯

生い立ち

浜口は1871(明治3)年、高知市郊外の五台山に水口家の3兄弟の末子として生まれました。

寡黙な雄幸でしたが学業は大変、優秀でした。

20歳の時、その雄幸を田野村の浜口家が養子に迎えたので、姓が水口から浜口に代わっています。

 

政治家へ

東京帝国大学を卒業して大蔵省に入り、官僚として活躍しました。

44歳で官僚から政治家に転身し、1929(昭和4)年に第27代内閣総理大臣に就任します。

折しも世界大恐慌や海軍軍縮問題などの難題に直面することになりました。

浜口内閣の政策に対する反発の中、東京駅にて凶弾に倒れて重傷を負ってしまいます。

翌年、容態が急変して亡くなってしまいました。

 

生まれた家

浜口雄幸の生まれた家は、山と山に挟まれた谷間にあり、少し上ったところにあるので麓から生家を見ることはできません。

f:id:teinenoyaji:20210119200122j:plain

 

民家の間にある細い登り口から上がっていきます。

f:id:teinenoyaji:20210119200432j:plain

 

生家への上り坂

人が一人通れるほどの山道を上がっていくと家の入口があります。山奥の山深い地というわけでもありません。

「マムシに注意」の看板がありました。

f:id:teinenoyaji:20210119215609j:plain

 

入り口

入り口に鳥居のような門があります。「浜口先生誕生地」の石碑が建てられていました。

f:id:teinenoyaji:20210119220248j:plain

 

資料館と勉強部屋

入り口を入ってすぐの右手に、雄幸が勉強していた部屋、左手に小さいながらも蔵を改造した資料館がありました。

f:id:teinenoyaji:20210119220608j:plain

f:id:teinenoyaji:20210119220901j:plain

離れにある勉強部屋

 

f:id:teinenoyaji:20210119221111j:plain

蔵の内部にある資料館

玄関

f:id:teinenoyaji:20210119221415j:plain

 

母屋

f:id:teinenoyaji:20210119221434j:plain

母屋の外観

 

f:id:teinenoyaji:20210119221453j:plain

座敷

昔ながらのかまどがそのまま残っていました。

f:id:teinenoyaji:20210119221740j:plain

 

風呂

母屋の向こうに五右衛門風呂のある風呂が建っていました。

f:id:teinenoyaji:20210119222105j:plain
f:id:teinenoyaji:20210119222045j:plain
五右衛門風呂とその建物

 

谷の中腹にしっかりとした石垣の土台を作って屋敷を築いていました。 

f:id:teinenoyaji:20210119222703j:plain

 

 

養子にいった家

養子に迎えられた雄幸の家が、田野村の旧邸になります。

江戸時代の典型的な郷士屋敷のようです。

現在は浜口雄幸旧邸としてきちんと保存・整備されています。

田野村は高知市から車で1時間半ほど東の室戸岬方面に行った所です。

高知市からは、かなり離れています。

 

農家が密集している、車1台がやっと通れる狭い道路を行った先に浜口旧邸がありました。

f:id:teinenoyaji:20210104192015j:plain

 

入り口には浜口雄幸の胸像と空谷(くうこく)の俳号で俳句を刻んだ石碑があります。

この句は東京駅で狙撃されて病床にあった時に詠んだものです。

「 なすことの いまだ終らず 春を待つ 」

f:id:teinenoyaji:20210104192553j:plain

 

入り口を入った所に、大きなソテツの木があります。

雄幸もこの木を見ながら過ごしていたのでしょう。

f:id:teinenoyaji:20210104192918j:plain

 

中庭に入ると縁側が見えます。天気が良ければ日向ぼっこに丁度良いですね。

f:id:teinenoyaji:20210104193102j:plain

 

室内には浜口雄幸の資料が展示されています。

f:id:teinenoyaji:20210104193342j:plain

f:id:teinenoyaji:20210104194233j:plain

 

青年時代の写真が飾られていました。

f:id:teinenoyaji:20210104193626j:plain

 

浜口の筆によると思われる人生訓が書かれたものが展示されていました。

「人生は込み合う汽車の切符を買うため大勢の人々と一緒に窓口に列を作って立っているようなものである。中々、自分の番がこない、時間がせまってきて気は急せり出す。隣の方が空いていそうに見えるので飛び出してみたくなる。しかし一度自分の列を離れたが最後、あちことと徘徊してみてもそこにはまだ順番がある。しまったと気が付いて元の列に立ち戻って来れば、自分の前に居た所は己に他人に占領されていて遥か後ろに廻らなければならない。結局急いだ為に却って後れることになる。」

隣の芝生は青いからと言って羨ましがったりせずに、自分の道を辛抱強く進んでいった方が良いということかと思います。

f:id:teinenoyaji:20210104193841j:plain

 

おわりに

浜口雄幸の誕生地と養子先の土地の環境は大きく異なっていました。

子供の頃は目の前や背後にある山の中で遊んでいたことでしょう。

養子先の田野町は田園地帯にある農村で、浜口家に養子に入ったのは20歳の時です。

雄幸の人物を見込んで、田野町から遠く離れた高知市から迎え入れています。

養子の後は東京帝国大学で学んだり官僚や政治家として活躍していたので、実際にこの地で生活したのは短かったのではないかと思います。

しかし、何といっても高知の出身ですから田野町にある浜口家も故郷であったのは間違いのないことでしょう。

地域の人たちも、そうした偉大な人物を誇りに思い、浜口家を大切に保存していると思います。